FC2ブログ
寒い日には地元で…①
2019/02/15(Fri)
海の中道の翌日は寒くなったので地元を回ってみました。
この日もウソには会えず…今年は少ないのでしょうか?

マンサク(マンサク科)
マンサクyh190202
公園では植栽されたマンサクが満開でした。
マンサクyh190201
シナマンサクでしょうか?

アトリ(アトリ科)冬鳥
アトリyh190201
駐車場脇のハゼの実にアトリが群がっていました。
アトリyh190202
ハゼの実は蝋の原料になるくらい脂肪分が多く栄養価が高いので
アトリyh190203
大小様々な鳥たちが訪れます。
アトリyh190204
すでに頭部が真っ黒になったオスもいました。
アトリyh190205
こっちはメスです。
全長16㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
海の中道へ ③
2019/02/15(Fri)
海の中道シリーズの最後です。

キンクロハジロ(カモ科)冬鳥
キンクロハジロunk190201
これはメスのようです。
キンクロハジロunk190202
こちらはオス。
キンクロハジロunk190203
全長44㎝。

スズガモ♂(カモ科)冬鳥
スズガモ♂unk190201
前種によく似ていますが冠羽がありません。数も少ない…
全長46㎝。

コガモ♂(カモ科)冬鳥
コガモ♂unk190201
地元の公園では普通種ですがここでは少なかったです。
全長38㎝。

オナガガモ♂(カモ科)冬鳥
オナガガモ♂unk190201
こちらもここでは少ない…居る所ではたくさん見られるのですが…

オオバン(クイナ科)漂鳥
オオバンunk190201
ここでも普通に見られました。
全長39㎝。

カイツブリ(カイツブリ科)
カイツブリunk190201
意外と近くで観られました。
全長26㎝。

カワウ(ウ科)
カワウ♂unk190201
婚姻色が出たオスです。
カワウunk190202
鵜飼いに利用されるのはウミウの方です。
全長81㎝。

アオサギ(サギ科)
アオサギunk190201
ポツンと佇む1羽。
全長93㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
海の中道へ ②
2019/02/13(Wed)
ミコアイサのつづきと…

ミコアイサ(カモ科)冬鳥
ミコアイサ♂unk190203
白に黒でニックネームはパンダガモ。
ミコアイサ♂unk190204
結構近くで観察することができました!
ミコアイサ♂unk190207
正面顔。目の隈取と頭頂のモヒカンがちょっと強面(こわもて)!
ミコアイサ♂unk190201
後姿はちょっと笑える…?
ミコアイサ♂unk190202
次はメスにも会いたいなぁ…

ホシハジロ(カモ科)冬鳥
ホシハジロunk190201
飛翔写真に挑戦…
ホシハジロunk190202
ここでは一番個体数が多いようです。
ホシハジロunk190203
赤茶色の頭部に赤い目が特徴的。
ホシハジロunk190204
オスです。
ホシハジロunk190205
真ん中がメスです。
全長48㎝。

マガモ♂(カモ科)冬鳥
マガモ♂unk190201
数個体を観ました。
全長59㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
海の中道へ ①
2019/02/13(Wed)
2月10日は、昼を挟んで福岡市の海の中道へカモ達に会いに行ってきました。
その後は糸島市のミュージックイベントへ(こちらは改めて紹介します)。
念願のミコアイサ(巫女秋沙)に無事合うことができました!

菜の花(アブラナ科)
ナノハナunk190202

ナノハナunk190201
天気予報に反してポカポカ陽気ですでに菜の花が満開でした!

ミコアイサ♂(カモ科)冬鳥
ミコアイサ♂unk190208
2回に分けてアップします。
ミコアイサ♂unk190205
白い羽色から巫女と付いたようです。
ミコアイサ♂unk190209
魚メインの雑食性で想像以上に何度も水中に潜っていました。
ミコアイサ♂unk190210
残念ながらこの日メスには出会えませんでした。
ミコアイサ♂unk190206
全長44㎝。

ハシビロガモ(カモ科)冬鳥
ハシビロガモunk190202
画像は群の一部ですが、たくさんの群を初めて見ました。
ハシビロガモunk190201
前がオス後がメス。植物メインの雑食性です。
ハシビロガモ♂unk190202
近くへ来ました。嘴の大きさが際立ちます。
ハシビロガモ♂unk190201
全長♂51cm、♀43cm。

カメラ:ニコンD7100、iPhone7
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山神ダムへ
2019/02/04(Mon)
バンドの集まりの前に、同じ市内にある山神ダムへ鳥見に行ってきました。
昔、ここのキャンプ場を借りてバンドの合宿やコンサートの打上げをやった懐かしい場所ですが、ベニマシコが出るらしいとの情報で久しぶりに訪ねてみました。

ノスリ(タカ科)漂鳥
突然飛び立って遠くの電柱の上に…久しぶりの猛禽。
ノスリyd190201
猛禽がいるということは小鳥が出ない?と不安が胸を過ります。
全長52~57㎝。

アトリ(アトリ科)冬鳥
アトリyd190201
ベニマシコも同じアトリ科の仲間ですがこっちはたくさん群れてました。
アトリyd190202
しかし、飛び立って気付くことの方が多くシャッターチャンスに恵まれません。
でも中には警戒心の薄い個体もいるようで…
全長16㎝。

ウソ♂(アトリ科)冬鳥
ベニマシコには出会えませんでしたが、代わりにウソが一瞬出てくれました。
アカウソ♂yd190201
亜種アカウソです。場所が悪く枝被りですが今期初ということで…
全長16㎝。

ミヤマホオジロ(ホオジロ科)冬鳥
こちらも鳴き声はするのですが、飛び立って気付くという…
ミヤマホオジロ♀yd190201
メスです。
ミヤマホオジロ♀yd190202
こちらはオスです。
ミヤマホオジロ♂yd190201
全長16㎝。

アオジ(ホオジロ科)漂鳥
アオジyd190201
ミヤマホオジロの群に混じってたメス?
全長16㎝。

シジュウカラ(シジュウカラ科)
シジュウカラyd190201
エナガやヤマガラと混群で移動していました。
シジュウカラyd190202
我家の周りにもいるのですが…
全長14㎝。

ウグイス(ウグイス科)
ウグイスyd190201
ここでも藪の中をちょこちょこ動き回っていました。
ウグイスyd190202
全長♂16cm、♀14cm。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新年会
2019/02/03(Sun)
昨夜(2/2)は、マウンテンゴリラの新年初例会兼新年会at漫娯狸庵を行いました。
日中は鳥見していたのですが、それはまた後日。

私は6時前に到着。料理を作ってくれたKちゃんと挨拶後Kちゃんは所用で帰宅。
Kちゃん、たくさんのご馳走ありがとうございました!

庵主と二人前祝で乾杯…そこへAちゃん到着。
mongori01_20190203143706c12.jpg
早速Aちゃんに笛のレクチャーをする庵主
mongori02_20190203143706009.jpg
二人で合奏

mongori03_20190203143708f28.jpg
メンバーが揃ったところで新レパートリーの練習と録音

練習もそこそこに早速新年会突入。
mongori04_201902031437092aa.jpg
Kちゃんの手料理が並び酒も進みます!

mongori05_201902031437115d1.jpg
「笛」制作用の冶具とウクレレケースを改良した道具箱(bySちゃん)

mongori06_201902031437129cc.jpg
本日の出番無しだったマイギター

この夜呑んだ酒
mongori07_20190203143714d59.jpg
エビスビール500ml×6本
寒北斗純米酒(福岡県嘉麻市)1800ml×2本
加茂鶴純米生酒(広島県)720ml
繁枡特別純米(福岡県八女市)720ml
それぞれに個性的で美味しい酒でした!

次回の集まりは3月16日(土)の予定。
この記事のURL | バンド | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自然観察会 ③
2019/02/01(Fri)
観察会のつづき(最後)です。
広域公園からちょっと下流にある、大藤で有名なN公園まで足を延ばしました。

ホオジロ(ホオジロ科)留鳥
ホオジロ♂ck190101
葦原にいて時々茎の上部や木の枝に止まります。地鳴きは「チチッ」と2音。
全長16㎝。

ミヤマホオジロ(ホオジロ科)冬鳥
ミヤマホオジロnk190101
冠羽と黄色が特徴で地鳴きは「チッ」と小さく1音。
全長16㎝。

アオジ(ホオジロ科)漂鳥
アオジck190101
こちらは緑と黄色が混じった羽毛で地鳴きは「チッ」と鋭く1音。
全長16㎝。

カワラヒワ(アトリ科)留鳥
カワラヒワck190101
前種によく似た羽色ですが、嘴が太く「キリリコロロ」と鳴きます。
全長14㎝。

シメ(アトリ科)漂鳥または冬鳥
シメnk190101
嘴が太く警戒心が強い。「ピチッ」とか「シ―ッ」と鳴きます。
全長19㎝。

シロハラ(ヒタキ科)
シロハラck190101
ツグミの仲間で、ハゼ等の木の実や地上でミミズ等を採餌します。
全長24㎝。

ムクドリ(ムクドリ科)留鳥
ムクドリnk190101
何処でも(我が家の前の家の軒で営巣)見かけるのであまり注目されませんが綺麗な鳥です。
ムクドリnk190102
全長24㎝。

メジロ(メジロ科)留鳥
メジロnk190101
公園のサザンカの花の蜜を吸いに来ました。
メジロnk190102
全長12㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ