6月初旬の樫原湿原 ①
2018/06/12(Tue)
ちょっと遅くなりましたが…久しぶりの樫原湿原を訪れました。
この時期はトキソウの花が咲き乱れています。
そして、その周りをトンボやチョウたちが飛び回ります。

トキソウ(ラン科)
トキソウks18601
薄紅色の花びらの色が鳥のトキの羽色に似ていることから名付けられました。
トキソウks18602
湿原のいたる所に群生しています。
トキソウks18603

トキソウks18604
しかし、環境の変化(盗掘の影響も?)によってだんだん数を減らしつつあるようです。

シロバナトキソウ
白花トキソウks18601

白花トキソウks18602
こちらは珍しい白花です。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
    1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
阿蘇deイロイロ…
2018/06/09(Sat)
遅くなりましたが阿蘇のつづきです。

テングチョウ(タテハチョウ科)
テングチョウat18601
この日いたるところで見かけました。

ミヤマチャバネセセリ(セセリチョウ科)
ミヤマチャバネセセリat18601
翅がボロになってきました。

ヒメキマダラセセリ(セセリチョウ科)
ヒメキマダラセセリat18601
この日はセセリチョウの仲間が多かった。

コチャバネセセリ(セセリチョウ科)
コチャバネセセリat18601
好きなセセリの一つです。

コマルハナバチ♂(ミツバチ科)
コマルハナバチat18601
かわいいマルハナバチで、メスは黒い色をしています。

バッタの幼虫
バッタの幼虫at18601
おそらくヤマトフキバッタの幼虫だと思われます。

キュウシュウクチブトカメムシ(カメムシ科)
キュウシュウクチブトカメムシat18601
キュウシュウが付かないのもいます。

ヨツボシカメムシ(カメムシ科)
ヨツボシカメムシat18601
ヨツボシが見えない…

ミヤコグサ(マメ科)
ミヤコグサat18601

ミヤコグサat18602
シルビアシジミの食草ですが…成虫は見かけませんでした。

バイカウツギ(アジサイ科)
バイカウツギat18601
花は終わりかけでした。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 観察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
阿蘇deカミキリ、そして…
2018/06/06(Wed)
8864の会のつづきです。

トゲヒゲトラカミキリ(カミキリ亜科)
トゲヒゲトラカミキリat18601
撮影中は気付きませんでしたが、左上にヒナルリハナカミキリと思われる個体が…
トゲヒゲトラカミキリat18602
こちらには、右下にチャイロヒメハナカミキリが…
体長7~12㎜。

ムネアカクロハナカミキリ♂(ハナカミキリ亜科)
ムネアカクロハナカミキリ♂at18601
似たような種がいるので確信は持てませんが…
ムネアカクロハナカミキリ♂at18602
メスの背胸部は赤色をしています。
体長12~18㎜。

シラホシカミキリ(フトカミキリ亜科)
シラホシカミキリat18601
ちょっと遠かったのでトリミングしています。最初ニセの方かと思いましたが…
体長8~13㎜。

シラホシナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
シラホシナガタマムシat18601
エノキの伐採木に集まる綺麗なタマムシです。
体長9~14㎜。

ムネアカナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ムネアカナガタマムシat18601
こちらもエノキにやって来た胸部が赤く上翅が黒いタマムシ。
体長7~11㎜。

コアオハナムグリ(コガネムシ科ハナムグリ亜科)
アオハナムグリat18601
ノアザミの花に…
体長11~16㎜。

ルリクビボソハムシ(クビボソハムシ亜科)
ルリクビナガハムシat18601
瑠璃色が美しいハムシ。
体長5.5~6.6㎜。

キスジテントウダマシ(テントウダマシ科)
キスジテントウダマシat18601
不思議でちょっと可哀そうな科名…
体長4~5㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
阿蘇deゾウムシ
2018/06/05(Tue)
6月最初の生き物です!
先週末の『N8864の会』の観察会時に見つけたゾウムシ達です。

カツオゾウムシ(カツオゾウムシ亜科)
カツオゾウムシat18601
イタドリの葉にまだ新鮮な個体が多数いました。
体長11~12㎜。

ナガカツオゾウムシ(カツオゾウムシ亜科)
ナガカツオゾウムシat18601
こちらは前種に比べると細長く、ヨモギをホストにします。
ナガカツオゾウムシat18602
体長9~13㎜。

オジロアシナガゾウムシ(アナアキゾウムシ亜科)
オジロアシナガゾウムシat18601
パンダ模様のゾウムシですが、鳥の糞に擬態しています。
オジロアシナガゾウムシat18602
クズの茎によくいます。
体長9~10㎜。

マダラアシゾウムシ(アナアキゾウムシ亜科)
マダラアシゾウムシat18601
ヌルデの古木の幹で見つけた3連結(後2個体は♂)。
体長14~18㎜。

ワモンヒョウタンゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
ワモンヒョウタンゾウムシat18601
種名に自信はありませんが…
ワモンヒョウタンゾウムシat18602
イタドリの葉上にたくさんいました。
ワモンヒョウタンゾウムシat18603
体長6.8~10㎜。

ヒメクロオトシブミ(オトシブミ科)
ヒメクロオトシブミat18601
ノイバラの葉を巻いていました。
体長4.5~5.5㎜。

この日は比較的大きなゾウムシが多かった。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
偲ぶ会
2018/06/04(Mon)
先週末の土曜日(6/2)は、午前中は阿蘇高森で『N8864の会』の観察会に参加して、午後は恒例の『偲ぶ会』でした。
観察会の様子は後日アップするとして、偲ぶ会の様子をアップします。
今回は、つい先日亡くなった丸田さんも偲ぶこととなってしまいましたが…。
それぞれに、1年の間に色んなことがあったようで感慨深いコンサートとなりました。

000.jpg
今年は13回忌でした。

001.jpg
オープニングは、司会のMちゃん、母と息子初共演でした。

002.jpg

006.jpg
息子の演奏で、ちえみファミリーが歌います。

003.jpg
2番手は…
004.jpg
あそBe隊楽団

007.jpg

008.jpg
杉ちゃんwith赤べぇ

005.jpg
丸田さんを偲んで…
最近のマンゴりをしっかり支えていただきました。これからが不安です…

009.jpg
そして、我がマウンテンゴリラ
010.jpg
丸田さんに送ったのは『ランブリン・ボーイ』
011.jpg
千恵美さんには『紫陽花の咲く頃』

012.jpg
最後はSAM
013.jpg
松ちゃんと赤べぇ

また来年も元気で会えたらうれしいね!
この記事のURL | ライブ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ