FC2ブログ
カモ達到来 ②
2018/11/16(Fri)
カモたちのつづきです…

マガモ(カモ科)
マガモck181101
こちらはメス
マガモck181102
オスは頭部が緑(光の具合では青や黒にも見えます)色に輝きます。
マガモck181103
体長59㎝。

オカヨシガモ(カモ科)
オカヨシガモck181101
オスは他のカモのように派手な色模様ではありませんが…
オカヨシガモck181102
美しいカモだと思います。マガモのメスが1羽います。
オカヨシガモck181103
一番手前がマガモのメスです。
オカヨシガモck181104

オカヨシガモck181105
体長50㎝。

ヒドリガモ(カモ科)
ヒドリガモck181101
換羽途中のオスかな…?
ヒドリガモck181102
こちらは繁殖羽に換わったオスです。
ヒドリガモck181103
体長49㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カモ達到来 ①
2018/11/14(Wed)
ツリーハウスからの帰途、矢部川に立ち寄ってカモ達の様子を見てきました。
今年も定番のカモ達が渡って来ているようです。
カルガモ以外のカモは冬鳥として大陸から渡って来ます。

ヨシガモ(カモ科)
ヨシガモck181101
オスの金緑色に輝くナポレオンハットが今年も観られます。
ヨシガモck181102
後の白い鳥はコサギです。
ヨシガモck181103
周りにはヒドリガモやカルガモ(留鳥)がたくさん見られます。
ヨシガモck181104

オスの後を付いていくのはメスです。他はヒドリガモ…。
ヨシガモck181105

水から上がっているところは初撮りです。
ヨシガモck181106
オスは5羽ほど確認しました。
ヨシガモck181107
体長48㎝。

コガモ(カモ科)
コガモ♀ck181101
メスが水浴びしていました。

コガモ♂ck181101
換羽途中のオスのようです。
体長38㎝。

オオバン(クイナ科)
オオバンck181101
今年もたくさん移動(漂鳥)して来ています。
体長39㎝。

イカルチドリ(チドリ科)
イカルチドリck181101
カモの群れの中に1羽だけ…
体長21㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
MNCツリーハウスプロジェクト
2018/11/13(Tue)
所属するNPO『まちづくりネットワークちくご(MNC)』では、約2年前からツリーハウスを造っています。
場所は大牟田市にあるメンバーのCさん所有の山!
道路からのアクセス歩道を造り、森の中にようやくデッキとトイレができたので、一度バーベキューをやろうということで、食材と飲み物、そしてコンロ等を持ち寄り先日の日曜日に集まりました。
この日は天気も良くて気持ちよく、楽しいひと時となりました。

ツリーハウスBQth181103
アクセス用の階段

ツリーハウスBQth181113
完成したデッキ
ツリーハウスBQth181111
今日はこの上でバーベキューです!
ツリーハウスQth181112

ツリーハウスBQth181104
トイレ

ツリーハウスBQth181105
本日の食材、伊万里牛、イカ、エビ、アワビ等々…

ツリーハウスBQth181106
さぁ始まりー!
ツリーハウスBQth181107

ツリーハウスBQth181108

ツリーハウスBQth181109
決して疲れているわけではありません…

ツリーハウスBQth181102
森の中です
ツリーハウスBQth181101

ツリーハウスBQth181110
まだまだこれからデッキに壁を作ったり樹上キャビン等を作りたいと夢は広がりますが、完成はいつになることやら…。
でも、楽しみながらボチボチやります!
この記事のURL | ツリーハウス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アオイトトンボの水辺へ ⑤
2018/11/10(Sat)
このシリーズ最後は野草や野鳥をアップします。

ヤマラッキョウ(ユリ科→ヒガンバナ科)
ヤマラッキョウyg181101
去年もここで見ていたことをすっかり忘れていました。
ヤマラッキョウyg181102

ヤマラッキョウyg181103

ヤマラッキョウyg181104
阿蘇やくじゅうで見る株と比べると花付きが今ひとつかなぁ…

コウゾリナ(キク科)
コウゾリナyg181101
結構群生していました。

ヨメナ(キク科)
ヨメナyg181101
ノギクの判別は難しいので自信ありませんが…

ヌマダイコン(キク科)
ヌマダイコンyg181101
湧き水の流れる水辺にたくさん咲いていました。

ジョウビタキ♂(ヒタキ科)
ジョウビタキ♂yg181101
メスもいて2羽で縄張り争いをしていました。
越冬地では雌雄でも争うのです。

ハシビロガモ(カモ科)
ハシビロガモyg181101
カモ類もたくさん渡って来ていたのですが。遠いうえに逆光で判別が難しく、
このカモだけは、シルエットでも大きな嘴が確認できて判別は容易です。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アオイトトンボの水辺へ ④
2018/11/09(Fri)
チョウ達もまだ結構残っていました。

キタテハ秋型(タテハチョウ科)
キタテハyg181101
ノギク(ヨメナ?)の花で吸蜜していたので
キタテハyg181102
すぐ傍まで寄れました。
キタテハyg181103
秋型は翅裏の色が濃くなります。

タテハモドキ秋型(タテハチョウ科)
タテハモドキyg181101
秋は見かける機会が多い気がします。
タテハモドキyg181102

タテハモドキ夏型yg181101
夏型もまだ残っていました。

メスグロヒョウモン♀(タテハチョウ科)
メスグロヒョウモン♀yg181101
ひらひらと草むらへ降りるチョウを見つけ急いで駆け寄ると頭上へ
メスグロヒョウモン♀yg181102
見失わないように近付いたら、まさかのこのチョウでビックリ!

ベニシジミ(シジミチョウ科)
ベニシジミyg181101
外来種のアレチハナガサの花で吸蜜。

ヤマトシジミ♂(シジミチョウ科)
ヤマトシジミ♂yg181101
ヤマラッキョウの花にやって来ました。
ヤマトシジミ♂yg181102
じっと待っていたら開翅してくれました。

キマダラセセリ(セセリチョウ科)
キマダラセセリyg181101
こちらも、まだいました?!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ