スミレの仲間
2018/04/07(Sat)
今日(4/7)は、台風並みの風が吹き一気に冬に逆戻りしたような寒さでした。

日本はスミレの国と言われるくらい、多くの種が様々な環境に適応して自生しているそうです。
種の同定は、葉の形や色、自生する場所、花弁や葉茎の微毛の有無、メシベの柱頭の形等をみて行います。
よく見かける種は、慣れてくると見た感じで大体分かるようになります。

アリアケスミレ
アリアケスミレz18401
白い花弁に紫の筋が入ります。
アリアケスミレz18402
平地から丘陵地の日当たりの良い場所に自生します。

エイザンスミレ
エイザンスミレyy18401
裂けている(3裂)葉が特徴で花色には白から赤紫まで変異があります。
エイザンスミレyy18402
丘陵地から山地の半日蔭でよく見かけます。

ケマルバスミレ
ケマルバスミレyy18401
白い花弁で時にうっすらとピンクを帯びる個体もあります。
エイザンスミレより日当たりを好むようです。

コスミレ
コスミレyy18401
小と付きますが、花も株も大きくなるものがあります。
花弁にも変異があり、平地から丘陵地で見られます。

タチツボスミレ
タチツボスミレyy18401

タチツボスミレyy18402

タチツボスミレyy18403
丘陵地から山地でもっともよく見かけるスミレで、変異も多いようです。

オトメスミレ
オトメスミレyy18401
タチツボスミレの変種で、
オトメスミレyy18402
花弁は白く距(花弁の後の突き出た部分)が紫色のものをこう呼ぶようです。
距も白かったらシロバナタチツボスミレとなります。

ツボスミレ
ツボスミレyy18401
ちょっと湿り気のある場所に群生することが多く小さい花弁が特徴。
ニョイスミレともいいます。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の虫たち ②
2018/04/05(Thu)
山間部ではこの時期にしか見られないチヨウを探しました。
早春の短い時期にしか会えない花や昆虫たちを『スプリングエフェメラル(春の儚い命)』と呼びます。

スギタニルリシジミ(シジミチョウ科)
スギタニルリシジミ♂yy18401
スプリングエフェメラルのひとつ。
スギタニルリシジミ♂yy18402
渓谷の陽だまりに集まり吸水していました。
スギタニルリシジミ♂yy18403
吸水するのはオスばかりです。
スギタニルリシジミ♂yy18405
開翅してくれず表の瑠璃色はかすかに見えているだけです。
スギタニルリシジミ♂yy18404
飛翔シーンを捕らえるのも難しい…

ツバメシジミ(シジミチョウ科)
ツバメシジミ♂z18401
尾状突起がある、平地でも普通にみられるチヨウです。

ヤマトシジミ(シジミチョウ科)
ヤマトシジミz18401
翅裏が見えにくく種が分かりにくい画像です。
普通種です。

シオヤトンボ未成熟♂(トンボ科)
シオヤトンボz18401
今年初トンボは想定外のこのトンボでした!

残念ながら、ツマキチョウ、コツバメ、ミヤマセセリの3種のチヨウとは出会えませんでした。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の虫たち ①
2018/04/04(Wed)
4月になりました!
このところの陽気で昆虫の種類や数も増えてきました。
1日前後で地元の山間部を歩いてみました。

まずは甲虫の仲間を中心に…

ヒメスギカミキリ(カミキリムシ科)
ヒメスギカミキリyy18401
伐採された杉の貯木場にたくさんいました。
ヒメスギカミキリyy18402

ヒメスギカミキリyy18403
体長7~12㎜。

ホソアナアキゾウムシ(ゾウムシ科)
ホソアナアキゾウムシyy18401
同じ場所で杉の木口を歩いていました。
体長5~8㎜。

イチゴハナゾウムシ(ゾウムシ科)
イチゴハナゾウムシz18401
キイチゴやサクラなどバラ科の若葉や花でよく見つかります。
体長2.7~3.5㎜。

ヒメクロオトシブミ(オトシブミ科)
ヒメクロオトシブミz18401
今年初オトシブミです。
ヒメクロオトシブミz18402
いつものナガバモミジイチゴの葉上にいました。
体長4~5㎜。

チャバネアオカメムシ(カメムシ科)
チャバネアオカメムシkk18301
初カメムシ!
体長10~12㎜。

ツマジロカメムシ(カメムシ科)
ツマジロカメムシyy18401
光沢があるカメムシ。
ツマジロカメムシyy18402
体長10㎜前後。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
生命(いのち)満開 ④
2018/03/31(Sat)
このシリーズ最後は昆虫です。

イタドリハムシ(ハムシ科)
イタドリハムシkk18301
あちこちの草むらで飛び回っていました。
イタドリハムシkk18302

イタドリハムシkk18303
体長7㎜ほど。

タテハモドキ(タテハチョウ科)
タテハモドキsj18301
越冬個体でちょっと翅が傷んでいます。

アカタテハ(タテハチョウ科)
アカタテハsj18301
アセビの花にコツバメを探していたのですが…こちらが3頭飛び回っていました。

キタテハ(タテハチョウ科)
キタテハsj18301
こちらも越冬個体で翅がボロボロです。

ルリシジミ(シジミチョウ科)→サツマシジミに訂正
ルリシジミkk18301
これとベニシジミはよく見かけるようになりました。
ルリシジミkk18302

ルリシジミkk18303
種名のご教示がありました。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
生命(いのち)満開 ③
2018/03/29(Thu)
鳥たちのつづきです…

メジロ(メジロ科)
メジロsj18301
サクラの花に次ぎ次ぎにやって来ます。
メジロsj18302

メジロsj18303
ひたすらシャッターを押して綺麗に写し止めた画像です。
メジロkk18301
こちらはアセビ(ツツジ科)の花に…

エナガ(エナガ科)
エナガos18301
サクラの小枝でイモムシを見つけたようです。

シロハラ(ヒタキ科)
シロハラos18301
まだ残っていました。

コウノトリ(コウノトリ科)
コウノトリos18301
赤ちゃんを運んでくる鳥として有名ですね!
コウノトリos18302
小郡市に来ているとは聞いていたのですが…
コウノトリos18303
バンドの練習翌日、帰る途中に寄った公園そばの鉄塔に止まっていました。

ダイサギ(サギ科)
ダイサギos18301
その公園にて…
ダイサギos18302
水際で魚を狙っているようでした。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ