FC2ブログ
3月の大授搦へ ④
2019/04/02(Tue)
このシリーズの最後です。
未アップの鳥たちです。

ツクシガモ(カモ科)
ツクシガモdk190301

ツクシガモdk190302
まだたくさん残っていました。
ツクシガモdk190303
全長63㎝。

ハマシギ(シギ科)
ハマシギdk290301

ハマシギdk290302
大群の飛翔!!!
ハマシギdk290303
一斉に干潟に降り立ちました。
ハマシギdk290304
全長21㎝。

ダイゼン(チドリ科)
ダイゼンdk190301
大型のチドリで数も多い!
ダイゼンとハマシギdk190301
ハマシギと…
全長29㎝。

シロチドリ(チドリ科)
シロチドリdk190301

シロチドリdk190302
可愛いチドリです。
シロチドリdk190303
全長17㎝。

メダイチドリ(チドリ科)
メダイチドリdk190301
前種よりちょっと大きい…
メダイチドリdk190302
全長19㎝。

群dk190301

群dk190302
群が干潟を覆いつくします。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6

★ちょっと前にお知らせしましたが、今週金曜日はいよいよソロライブの日です。
 ジャングルスープカレーで17:30開場、18:30開演!


この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月の大授搦へ ③
2019/04/02(Tue)
今日はカモメの仲間と…

ズグロカモメ(カモメ科)
ズグロカモメdk190301
名前の如く既に頭部が黒くなった(夏羽)個体が2~3割?
ズグロカモメdk190302

ズグロカモメdk190303
彼らも潮が引き始めると次々に飛来しました。
ズグロカモメdk190304
黒い頭に白輪に縁どられた目は、何となくとぼけた感じです。
ズグロカモメdk190305

ズグロカモメdk190307

ズグロカモメdk190308
黒く換わる途中はゴマ塩頭!
ズグロカモメdk190309
飛翔シーンの撮影もだいぶコツをつかんできました。
ズグロカモメdk190310

ズグロカモメdk190312
が、やっぱり下手な鉄砲も数打ちゃ…です。
全長32㎝。

セグロカモメ(カモメ科)
セグロカモメdk190301
大型のカモメで眼光鋭い!
セグロカモメdk190302
全長61㎝。

カモメではありませんが…
ミヤコドリ(ミヤコドリ科)
ミヤコドリdk190301
黒と白のボディに赤い嘴、このコントラストは見事です。

ミヤコドリdk190302

ミヤコドリdk190303
縦に細い(平べったい)嘴で二枚貝をこじ開けて食べます。
ミヤコドリdk190304
全長45㎝。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6

この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月の大授搦へ ②
2019/03/30(Sat)
大授搦のつづきを再開します。
今日は大型のシギ科の鳥たちです。

オオソリハシシギ
オオソリハシシギdk190301
嘴が長く上方に反っているのが特徴です。
オオソリハシシギdk190302
まだ数が少なかったです。
オオソリハシシギdk190303
渡りの季節を迎えてこれから増えていくでしょう。
オオソリハシシギdk190304

オオソリハシシギdk190305

オオソリハシシギdk190306
赤い夏羽に換わった個体が…、かなり遠かったので証拠写真止まりです。
全長41㎝。

ダイシャクシギ
ダイシャクシギdk190301
こちらは長い嘴が大きく下方へ湾曲しています。
ダイシャクシギdk190302
旅鳥ですが、ここでは越冬する個体も多いようです。
ダイシャクシギdk190303
一旦満潮になり、潮が引き始めたら次々に飛来しました。
ダイシャクシギdk190304
全長60㎝。

ダイシャクシギとホウロクシギdk190301
ダイシャクシギとホウロクシギが混じっています。

ホウロクシギ
ホウロクシギdk190301
ダイシャクシギによく似ています、
ホウロクシギdk190302
全体に茶色っぽく腹部と翼の下面も焦茶色(ダイシャクシギは白い)。
全長62㎝。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遅ればせながら春の花を…②
2019/03/30(Sat)
今日は木に咲く花を中心に…

コブシ(モクレン科)
コブシsk190301

コブシsk190302

コブシsk190303
この白い花も花期は短くすぐに色褪せていきます。

サクラ①(バラ科)
サクラsk190301
ソメイヨシノ?

サクラ②
サクラsk190302

サクラsk190303
種名が分かりません

サクラ③
サクラsk190304
カワズザクラかな?

モモ(バラ科)
モモsk190301

モモsk190302
濃いピンク色で良く目立ちます。

ネコノメソウ(ユキノシタ科)
ネコノメソウygd190301



ネコノメソウz190301
何となく猫の目に見えませんか?

ノアザミ(キク科)
ノアザミsk190301

ノアザミsk190302
早すぎる一輪を発見!

ハコベの仲間(ナデシコ科)
ハコベz190301
ハコベも似た種が多く、同定が難しい(;^_^A

ムラサキサギゴケ(ハエドクソウ科)
ムラサキサギゴケsk190301
一面に群生していると紫色の絨毯のようです。

フデリンドウ(リンドウ科)
フデリンドウz190301
春を代表するリンドウの仲間。まだちょっと早かった…

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野の花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遅ればせながら春の花を…①
2019/03/29(Fri)
大授搦はまだ続きますが、ちょっと時期を逃しそうなので、今月見つけた花たちをアップします。彼方此方で観たものが混ざっています。

オドリコソウ(シソ科)
オドリコソウz190301

オドリコソウz190302
子どもの頃、よく花弁を抜いて蜜を吸ってました。

カキドオシ(シソ科)
カキドオシygd190301
まだ背丈が低いですがこれからどんどん伸びていきます。

キュウリグサ(ムラサキ科)
キュウリグサygd190301
2~3㎜の可愛い小さな花です。葉や茎を揉むとキュウリの匂いがします。

コスミレ(スミレ科)
コスミレygd190301

コスミレygd190302
春早く咲き始めます。花色に変異が多いのも特徴です。

スミレ(スミレ科)
スミレz190301

スミレz190302

スミレz190303
何も付かないただのスミレです。学名スミレアンジュリカ。

タチツボスミレ(スミレ科)
タチツボスミレygd190301
これも花期は早い方です。

ナガバノタチツボスミレ(スミレ科)
ナガバノタチツボスミレygd190301
前種に比べ葉が長く葉先が尖ります。

ツボスミレ(スミレ科)
ツボスミレsk190301
白い小さなスミレ。別名ニョイスミレ。

ノジスミレ(スミレ科)
ノジスミレsk190301
平地では早くから咲いています。

シロバナタンポポ(キク科)
シロバナタンポポz190301
在来種のタンポポで、地元ではこれが普通種です。

タビラコ(キク科)
タビラコz190301
スッと伸びた茎の先に小さな黄色い花を付けます。
仲間のコオニタビラコは春の七草の「ホトケノザ」です。

ハハコグサ(キク科)
ハハコグサz190301
春の七草のひとつ「ゴギョウ」とはこれのことです。

タネツケバナ(アブラナ科)
タネツケバナygd190301
これを幼虫の食草とするツマキチョウにはまだ会えません。

ユリワサビ(アブラナ科)
ユリワサビz190301
ワサビに比べるとかなり小さな株です。

つづく…

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6VR
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3月の大授搦へ ①
2019/03/26(Tue)
山神ダムのつづき(花など)もまだ残っているのですが…
先週末の土曜日(3/23)は、久しぶりに佐賀県にある有明海の干潟『大授搦』へ行ってきました。大潮で足元まで潮が満ちてくるほどの鳥見には最高の状況でしたが、鳥の種類は思ったほど見られませんでした。

クロツラヘラサギ(トキ科)
クロツラヘラサギdk190302

クロツラヘラサギdk190303
潮が満ちてすぐ傍の杭や柵の上に止まってくれました。
クロツラヘラサギdk190304
今年は例年以上の数(30羽以上)が越冬しているようです。
クロツラヘラサギdk190306
白い羽毛が黄色くなっているのは婚姻色です。
クロツラヘラサギdk190305

クロツラヘラサギdk190307

クロツラヘラサギdk190308

クロツラヘラサギdk190309

クロツラヘラサギdk1903010
顔が黒くない『ヘラサギ(トキ科)』が1羽混じっていました。
クロツラヘラサギとヘラサギdk190301

クロツラヘラサギとヘラサギdk190302
全長74㎝。ヘラサギ(右)はちょっと大きく86㎝。
しかし、いつ見てもユニークな嘴です!

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6

この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山神ダム再訪 ②
2019/03/23(Sat)
いよいよ昆虫シーズン到来でしょうか?今日はチョウを中心に…
20日に地元を回って撮ったチョウもアップします。

テングチョウ(タテハチョウ科)
テングチョウygd190301
暖かさに誘われて越冬個体が飛び回っていました。
前翅長19~29㎜。山神ダム。

アカタテハ(タテハチョウ科)
アカタテハygd190301
こちらも越冬個体です。
前翅長25~33㎜。山神ダム。

キタテハ(タテハチョウ科)
キタテハygd190301
これも越冬個体。
というように、タテハチョウの仲間は成虫越冬する種が結構います。
前翅長22~34㎜。山神ダム。

ヒオドシチョウ(タテハチョウ科)
ヒオドシチョウz190301
これは地元で出会った越冬個体で、翅がちょっと傷んでいます。
ヒオドシチョウz190302
のチョウは、初夏に羽化した新成虫が夏眠することで有名です。
ヒオドシチョウz190303
そういう意味でも前種に比べ出会うことは稀です。
ヒオドシチョウz190304
前翅長32~42㎜。清水山。

ルリシジミ(シジミチョウ科)
ルリシジミygd190301
蛹で越冬するので新成虫だと思われます。
前翅長12~19㎜。山神ダム。

コガタルリハムシ(ハムシ科)
コガタルリハムシygd190301
ハムシの仲間も動き出しましたが、まだイタドリハムシに出会いません。
全長5.5㎜前後。山神ダム。

ビロードツリアブ(ツリアブ科)
ビロードツリアブygd190301
早春に新成虫が活動を始めるスプリングエフェメラルの仲間です。
全長8~12㎜。山神ダム。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ