早春の昆虫たち
2017/03/21(Tue)
花が咲くと昆虫も活動を始めます。
若葉を食べる虫、花を訪れ受粉の媒介をする虫など様々です。

イタドリハムシ(ハムシ科)
イタドリハムシz1701
春一番に活動を始めるハムシ(葉虫)の仲間です。
イタドリハムシz1702
ハムシの中ではちょっと大きめで模様も綺麗です。
イタドリハムシz1703
体長7.5㎜。女山森林公園。

ベニシジミ(シジミチョウ科)
ベニシジミz1701
羽化したての新鮮な個体(新成虫)です。
ベニシジミz1702
前翅長13~19㎜。女山森林公園。

ルリシジミ(シジミチョウ科)
ルリシジミz1701
こちらも新成虫。
ルリシジミz1702
前翅長12~19㎜。女山森林公園。

ウラギンシジミ♀(シジミチョウ科)
ウラギンシジミz1701
越冬した個体が気温の上昇で活動始めました。
前翅長19~27㎜。女山森林公園。

テングチョウ(タテハチョウ科)
テングチョウz1701
こちらも越冬個体です。
前翅長19~29㎜。女山森林公園。

ヒメアカタテハ(タテハチョウ科)
ヒメアカタテハz1701
これまた越冬個体のようです。
前翅長25~33㎜。女山森林公園。

アカタテハ(タテハチョウ科)
アカタテハky1701
前種によく似ています。越冬個体。
前翅長30~35㎜。女山森林公園。

ビロウドツリアブ(ツリアブ科)
ビロウドツリアブz1701
成虫が春にのみ現れるスプリングエフェメラルの仲間です。
体長8~12㎜。女山森林公園。

カメラ:ニコンD7100、 1V3、 オリンパスTG-3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 昆虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
虫初め
2017/03/09(Thu)
寒さがぶり返してきましたが、先週末の暖かさは昆虫たちを目覚めさせていました。
阿蘇野草園にて。

キタテハ(タテハチョウ科)
キタテハat1701
成虫越冬するので、気温が上がると活動を始めます。
キタテハat1702
翅が結構ボロになっています。
前翅長22~34㎜。

ユアサハナゾウムシ(ゾウムシ科)
ユアサハナゾウムシat1701
ケヤキの樹皮下で越冬中でした。
ユアサハナゾウムシat1702
体長3㎜。

ヒレルクチブトゾウムシ(ゾウムシ科)
ヒレルクチブトゾウムシat1701
同じくケヤキの樹皮下に3頭。
体長4.5㎜前後。

ツノブトホタルモドキ(キスイモドキ科)
ツノブトホタルモドキat1701
種の同定に苦労しましたが、体形が似ているキスイモドキで検索したらようやくヒット!
名前と科名が合ってない…
体長4.5㎜。

ヌバタママグソコガネ(コガネムシ科)
ヌバタママグソコガネat1701
シカの糞の中にいた微小糞中の仲間。
ヌバタママグソコガネat1702
体長5㎜程。

ヨツモンカメムシ(クヌギカメムシ科)
ヨツモンカメムシat1701
こちらも樹皮下に…
体長12~16㎜。

カメラ:オリンパスTG-3
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初ゾウムシと…
2017/02/25(Sat)
広域公園では、今年初の甲虫(ゾウムシ)に出会いました。
他にも久しぶりの…

モンイネゾウモドキ(ゾウムシ科)
モンイネゾウモドキck1702
柳をホストとするゾウムシだそうですが、私にくっ付いてたらしく帰宅後に気付きました。
モンイネゾウモドキck1701
そういえばヤナギの木の下に一時留まっていましたから、その時付いたのでしょう。
モンイネゾウモドキck1703
自宅で撮影後、翌日現地に帰しました。
モンイネゾウモドキck1704
全長4~4.5㎜。

チョウセンイタチ(イタチ科
チョウセンイタチck1701
水路の向こう岸からこちらへ渡って来ました。
チョウセンイタチck1702
可愛いけど大陸からの移入種(特定外来生物)です。
頭胴長25~39 cm、尾長13~21 cm。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     マイクロニッコール85㎜
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
冬を生きる昆虫たち ①
2016/12/06(Tue)
地元や阿蘇で見つけた昆虫たちです。
今年はまだ暖かいのか、まだトンボが観られました。

マユタテアカネ♂(トンボ科)
マユタテアカネ♂ys1601
12月でもまだ見られました。
体長31~43㎜。千間土居公園。

アキアカネ(トンボ科)
アキアカネ交尾at1601
まだ繁殖活動をしていました。
アキアカネ交尾at1602
この後産卵行動に入りました。
体長32~46㎜。南阿蘇ビジターセンター野草園。

アカタテハ(タテハチョウ科)
アカタテハys1601
成虫越冬なので、天気の良い日は陽だまりで活動していることがあります。
前翅長30~35㎜。千間土居公園。

イチモジフユナミシャク♂(シャクガ科)
イチモジフユナミシャクat1601
晩秋から真冬にかけて観られるフユシャクの仲間です。
この仲間のメスは翅が退化して飛ぶことができません。
開張26~34㎜。南阿蘇ビジターセンター野草園。

ツマジロカメムシ(カメムシ科)
ツマジロカメムシat1601
陽気に誘われて…
体長10㎜前後。南阿蘇ビジターセンター野草園。

アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科)
アカスジキンカメムシ終齢幼虫at1601
これは終齢幼虫で、このまま越冬します。
成虫の体長17~20㎜。南阿蘇ビジターセンター野草園。

カメラ:ニコンD7100、オリンパスTG-3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 昆虫 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
11月前半のトンボとチョウ
2016/11/08(Tue)
今日は一気に冷え込んできました。
さて、トンボはそろそろ見納めかなという感じです。チョウは数は減りますが越冬中でも天気が良い日には飛び回ったりします。
先週、FB友のKさんにご案内いただいた所を再訪してみました。池にはカモ類が増えていましたが、マガモ以外はアップ済みの種ばかりでした。
トンボはアオイトトンボ属3種を観ることができましたが、全体的に池の水位がかなり下がっていました。

オオアオイトトンボ♂(アオイトトンボ科)
オオアオイトトンボ♂yg1601
最初はコバネと思っていたのですが、画像で確認するとオオアオでした。


オオアオイトトンボ♀yg1601
体長40~55㎜。

コバネアオイトトンボ♂(アオイトトンボ科)
コバネアオイトトンボ♂yg1601

コバネアオイトトンボ♂yg1602
前回より個体数が増えていました。


コバネアオイトトンボ♀yg1601
体長38~44㎜。

アオイトトンボ♂(アオイトトンボ科)
アオイトトンボ♂yg1601

アオイトトンボ♂yg1602
こちらは数が少なくなっていました。


アオイトトンボ♀yg1601
体長34~48㎜。

ヒメアカネ♂(トンボ科)
ヒメアカネ♂yg1601
小さな赤トンボです。
体長28~38㎜。

アサギマダラ♂(タテハチョウ科)
アサギマダラ♂yg1601
サイズか小さめの個体でした。
アサギマダラ♂yg1602
ヌマダイコンの花に…
前翅長43~65㎜。

ムラサキツバメ♀(シジミチョウ科)
ムラサキツバメ♀yg1601
目の前の葉に止まり翅を広げてくれました。
ムラサキツバメ♀yg1602
前翅長20~25㎜。

ウラギンシジミ♀(シジミチョウ科)
ウラギンシジミyg1601
その傍にウラギンシジミが飛んできました。
前翅長19~27㎜。

ツマグロヒョウモン♂(タテハチョウ科)
ツマグロヒョウモン♂yg1601
結構翅が擦れた個体でした。


ツマグロヒョウモン♀yg1601
こちらはまだ綺麗です。
前翅長27~38㎜。

ヤマラッキョウ(ユリ科)
ヤマラッキョウyg1601
阿蘇やくじゅうでしか見たことがなかったので…
ヤマラッキョウyg1602
まさかここで観られるとは思いもしませんでした。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール30~70㎜。
     タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ