9月前半の地元フィールド ⑤
2016/09/26(Mon)
今日は、女山森林公園で撮ったチョウたちです。
クサギの花にアゲハチョウの仲間が次々に訪れました。
どれも、歴戦の証?で翅がボロになっています。

ナガサキアゲハ♂(アゲハチョウ科)
ナガサキアゲハz1601
大型の黒い蝶は全てクロアゲハと思われがちですが…
尾状突起がないのが特徴です。メスは大きな白班が目立ちます。
前翅長60~80㎜。

モンキアゲハ(アゲハチョウ科)
モンキアゲハz1601
白い紋(標本にすると黄色くなる?)が特徴的な黒いアゲハです。
前翅長50~75㎜。

カラスアゲハ(アゲハチョウ科)
カラスアゲハz1601
翅の光沢感が違います。
前翅長45~80㎜。

以上3種は、サンショウやミカン、カラスザンショウなどミカン科が幼虫の食草になります。

イシガケチョウ(タテハチョウ科)
イシガケチョウz1611
幼虫はイヌビワの葉を食べます。
前翅長26~36㎜。

ムラサキシジミ(シジミチョウ科)
ムラサキシジミz1611
翅裏は地味ですが表は青紫に輝きます。カシやシイが食草です。
前翅長14~22㎜。

ゴイシシジミ(シジミチョウ科)
ゴイシシジミz1601
幼虫はチョウでは珍しい肉食で、笹竹に付くタケノアブラムシを食べ、成虫はその分泌物を吸います。
ゴイシシジミz1602
昔は普通に見られたのですが、宅地化等、笹竹の群落の消失に伴い貴重種となっています。
前翅長10~17㎜。

ルリシジミの産卵(シジミチョウ科)
ルリシジミ♀z1601
ハギの花芽に産卵しているところに出くわしました。
ルリシジミ卵z1601
卵(1㎜もありません)

キタキチョウの卵
キタキチョウ卵z1601
ハギの葉にはキタキチョウの卵もありました。シジミ類と形が違います。
高さ1㎜ちょっとです。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
9月前半の地元フィールド ③
2016/09/22(Thu)
今日はチョウの仲間です。

この公園にはエノキとヤナギが多いのでそれに依存するチョウが観られます。

ゴマダラチョウ(タテハチョウ科コムラサキ亜科)
ゴマダラチョウck1601
エノキの葉が幼虫の食草になります。
ゴマダラチョウck1602
前翅長35~50㎜。

コムラサキ(タテハチョウ科コムラサキ亜科)
コムラサキck1601
こちらはヤナギの葉が食草になります。高所の葉上でテリトリーを張るオス。
コムラサキ♂ck1604
オスは光の具合にもよりますが、翅表が紫色に輝きます。
コムラサキ♂ck1601

コムラサキ♂ck1602

コムラサキ♂ck1603
ヤナギの樹液を吸うオス。


コムラサキ♀ck1601
メスはちょっと地味です。
前翅長30~42㎜。

タテハモドキ夏翅型(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
タテハモドキck1601
元々南方系のチョウですが、ここでは定着しているようで今年は個体数も増えていました。
タテハモドキck1602
幼虫の食草はクマツヅラ科
前翅長26~36㎜。

ルリタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ルリタテハck1602
カシの木の樹液に来ていました。
ルリタテハck1601
幼虫の食草はユリ科のサルトリイバラやホトトギス等。
前翅長25~44㎜。

ヤマトシジミ(シジミチョウ科)
ヤマトシジミck1601
人家の近くでも見られる普通種でカタバミが幼虫の食草。
前翅長9~16㎜。

キタキチョウ(シロチョウ科)
キタキチョウck1601
交尾態に割り込もうとするオス。ネムやハギなどマメ科が幼虫の食草。
キタキチョウck1602
アレチハナガサ(クマツヅラ科)の花に…
前翅長18~27㎜。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
8月末に奥八女へ ①
2016/09/01(Thu)
先週末は、奥八女の星野村から日向神ダム湖とグリーンピア八女を回りました。
トンボメインとなりましたが…
今日はチョウの仲間です。

イシガケチョウ(タテハチョウ科)
イシガケチョウyy1601
他のチョウ達と林道に降りて吸水中でした。
イシガケチョウyy1602
前翅長26~36㎜。

サカハチチョウ(タテハチョウ科)
サカハチチョウyy1601
まだ活発に活動していました。
サカハチチョウyy1602
前翅長20~25㎜。

ナガサキアゲハ(アゲハチョウ科)
ナガサキアゲハyy1601
白い紋が無かったのでオスだと思われます。尾状突起が無いアゲハです。
前翅長60~80㎜。

クロアゲハ(アゲハチョウ科)
クロアゲハyy1601
前種によく似ていますが、尾錠突起と赤い紋があります。
前翅長45~70㎜。

ムラサキシジミ(シジミチョウ科)
ムラサキシジミyy1601
しばらく粘ったのですが開翅はありませんでした。
前翅長14~22㎜。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
チョウいろいろ ③
2016/08/22(Mon)
先週17日。盆明け初出動で矢部村から星野村の山間部を回りました。
ちょっと遅くなりましたが…

イヌザンショウやカラスザンショウの花が咲き、色々なチョウが集まって来ます。

アオスジアゲハ(アゲハチョウ科)
アオスジアゲハyy1601
個体数が多く次々にやって来ます。
前翅長32~45㎜。イヌザンショウの花で。

アオバセセリ(セセリチョウ科)
アオバセセリyy1601
高木になるカラスザンショウの花に来ていたのはアオバセセリですが、
遠すぎて、とりあえずの証拠写真です。
前翅長23~31㎜。

イチモンジチョウ(タテハチョウ科)
イチモンジチョウyy1601
翅裏をアップしますが、次のサカハチチョウと見比べてみてください。
前翅長24~36㎜。イヌザンショウで。

サカハチチョウ(タテハチョウ科)
サカハチチョウyy1601
前種によく似ていますが、こちらが一回り小さくなります。
サカハチチョウyy1602
夏羽の翅表です。
サカハチチョウyy1603
翅裏です。
前翅長20~25㎜。

ゴマダラチョウ(タテハチョウ科)
ゴマダラチョウyy1601
こちらもイヌザンショウの花に…
前翅長35~50㎜。

キマダラセセリ(セセリチョウ科)
キマダラセセリyy1601
2化目の個体が増えてきました。
前翅長13~17㎜。

チャバネセセリ(セセリチョウ科)
チャバネセセリyy1601
イチモンジセセリとよく似ています。
ミソハギの花に…
前翅長13~21㎜。

キタキチョウ(シロチョウ科)
キタキチョウyh1601
湿り気のある路肩で集団吸水していました。
前翅長18~27㎜。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
チョウいろいろ ②
2016/08/14(Sun)
タテハチョウ科のチョウたちです。

イチモンジチョウ(イチモンジチョウ亜科)
イチモンジチョウyh1601
前翅長24~36㎜。星野村。

オオムラサキ♀(コムラサキ亜科)
オオムラサキ♀at1601
だいぶ翅が擦れてきました。


オオムラサキ♂at1602
前翅長43~68㎜。阿蘇野草園。

ゴマダラチョウ(コムラサキ亜科)
ゴマダラチョウat1601
オオムラサキと同じ場所に…
前翅長35~50㎜。阿蘇野草園。

コムラサキ(コムラサキ亜科)
コムラサキyy1601
何処からともなく足元に飛んできました。
前翅長30~42㎜。矢部村。

ジャノメチョウ(ジャノメチョウ亜科)
ジャノメチョウyh1601
草の間を飛び回るちょっと大型のチョウです。
ジャノメチョウat1601
前翅長28~42㎜。星野村&阿蘇野草園。

コジャノメ(ジャノメチョウ亜科)
コジャノメat1601
前翅長20~30㎜。阿蘇野草園。

クロヒカゲ(ジャノメチョウ亜科)
クロヒカゲat1601
個体数は多いです。
前翅長23~33㎜。阿蘇野草園。

キマダラモドキ(ジャノメチョウ亜科)
キマダラモドキat1601
林内を飛び回っています。
前翅長28~36㎜。阿蘇野草園。

オオウラギンスジヒョウモン♀(ドクチョウ亜科)
オオウラギンスジヒョウモン♀yd1601
林縁の木の葉の上に…
前翅長34~43㎜。由布岳山麓。

シロスジトモエ(ヤガ科トモエガ亜科)
シロスジトモエ1601
これはガの仲間です。ビジターセンターの軒下にいました。
開翅長55~63㎜。阿蘇野草園。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ