阿蘇deカミキリ、そして…
2018/06/06(Wed)
8864の会のつづきです。

トゲヒゲトラカミキリ(カミキリ亜科)
トゲヒゲトラカミキリat18601
撮影中は気付きませんでしたが、左上にヒナルリハナカミキリと思われる個体が…
トゲヒゲトラカミキリat18602
こちらには、右下にチャイロヒメハナカミキリが…
体長7~12㎜。

ムネアカクロハナカミキリ♂(ハナカミキリ亜科)
ムネアカクロハナカミキリ♂at18601
似たような種がいるので確信は持てませんが…
ムネアカクロハナカミキリ♂at18602
メスの背胸部は赤色をしています。
体長12~18㎜。

シラホシカミキリ(フトカミキリ亜科)
シラホシカミキリat18601
ちょっと遠かったのでトリミングしています。最初ニセの方かと思いましたが…
体長8~13㎜。

シラホシナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
シラホシナガタマムシat18601
エノキの伐採木に集まる綺麗なタマムシです。
体長9~14㎜。

ムネアカナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ムネアカナガタマムシat18601
こちらもエノキにやって来た胸部が赤く上翅が黒いタマムシ。
体長7~11㎜。

コアオハナムグリ(コガネムシ科ハナムグリ亜科)
アオハナムグリat18601
ノアザミの花に…
体長11~16㎜。

ルリクビボソハムシ(クビボソハムシ亜科)
ルリクビナガハムシat18601
瑠璃色が美しいハムシ。
体長5.5~6.6㎜。

キスジテントウダマシ(テントウダマシ科)
キスジテントウダマシat18601
不思議でちょっと可哀そうな科名…
体長4~5㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
阿蘇deゾウムシ
2018/06/05(Tue)
6月最初の生き物です!
先週末の『N8864の会』の観察会時に見つけたゾウムシ達です。

カツオゾウムシ(カツオゾウムシ亜科)
カツオゾウムシat18601
イタドリの葉にまだ新鮮な個体が多数いました。
体長11~12㎜。

ナガカツオゾウムシ(カツオゾウムシ亜科)
ナガカツオゾウムシat18601
こちらは前種に比べると細長く、ヨモギをホストにします。
ナガカツオゾウムシat18602
体長9~13㎜。

オジロアシナガゾウムシ(アナアキゾウムシ亜科)
オジロアシナガゾウムシat18601
パンダ模様のゾウムシですが、鳥の糞に擬態しています。
オジロアシナガゾウムシat18602
クズの茎によくいます。
体長9~10㎜。

マダラアシゾウムシ(アナアキゾウムシ亜科)
マダラアシゾウムシat18601
ヌルデの古木の幹で見つけた3連結(後2個体は♂)。
体長14~18㎜。

ワモンヒョウタンゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
ワモンヒョウタンゾウムシat18601
種名に自信はありませんが…
ワモンヒョウタンゾウムシat18602
イタドリの葉上にたくさんいました。
ワモンヒョウタンゾウムシat18603
体長6.8~10㎜。

ヒメクロオトシブミ(オトシブミ科)
ヒメクロオトシブミat18601
ノイバラの葉を巻いていました。
体長4.5~5.5㎜。

この日は比較的大きなゾウムシが多かった。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
甲虫いろいろ…
2018/05/30(Wed)
今日も一昨日と昨日のつづきです。
カミキリの他にもいろいろな甲虫の仲間がいました。

チャイロチョッキリ(オトシブミ科チョッキリゾウムシ科)
チャイロチョッキリgy18501
微小種が多いチョッキリの中では大きい方の部類に入ります。
クリの葉によくいます。
体長5.5~7.1㎜。女山。

ウスモンオトシブミ(オトシブミ科オトシブミ亜科)
ウスモンオトシブミgy18501
ここではゴンズイの葉を巻いていました。
体長6.5~7㎜。グリーンピア八女。

キイロナガツツハムシ(ハムシ科)
キイロナガツツハムシgy18501
クリの葉にたくさん。
体長5.2~6㎜。

クロウリハムシ(ハムシ科)
クロウリハムシky18501
体長5.8~6.7㎜。

ジュウシチホシハナムグリ♀(コガネムシ科)
ジュウシチホシハナムグリgy18501
黄色い点(星)が17個あります。
体長10~14㎜。

ヒメアシナガコガネ(コガネムシ科)
ヒメアシナガコガネgy18501
前種同様クリの花に…
体色に個体差があります。
体長6~9㎜。

ムネクリイロボタル(ホタル科)
ムネクリイロボタルky18501
成虫は微かに発光するが幼虫の方が光が強いらしい。
体長6~7㎜。

ヒメオビオオキノコ(オオキノコムシ科)
ヒメオビオオキノコムシky18501
枯れ木につく菌(キノコ)類を食べにくる。
バットマン模様がきれい。体長9~13㎜。

アオカミキリモドキ(カミキリモドキ科)
カミキリモドキky18501
カミキリモドキの仲間には毒があります。
体長9~11㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜、1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カミキリムシ
2018/05/28(Mon)
先週見つけたカミキリムシ科のムシたちです。
同じカミキリムシでも様々に多様化していて亜科(その下の族)に分類されます。

キイロトラカミキリ(カミキリ亜科トラカミキリ族)
キイロトラカミキリky18501
今年初トラカミキリです!
キイロトラカミキリky18502
伐採された小枝の上を動き回っていたカップル。
キイロトラカミキリky18503
体長13~19㎜。

ヒトオビアラゲカミキリ(フトカミキリ亜科アラゲカミキリ族)
ヒトオビアラゲカミキリky18501
今年も見つけることができました。
ヒトオビアラゲカミキリky18502
細枝(樹種不明)にジッとしていました。
体長5.5~9㎜。

アトジロサビカミキリ(フトカミキリ亜科サビカミキリ族)
アトジロサビカミキリky18501
前種と同じ樹の細い枝にジッとしていました。
アトジロサビカミキリky18502
近づいたら警戒態勢を取られました。
体長7~11㎜。

ベニカミキリ(カミキリ亜科ベニカミキリ族)
ベニカミキリgy18501
満開の栗の花に飛んできます。
ベニカミキリgy18502
体長12.5~18.6㎜。

以上、女山森林公園。
以下はグリーンピア八女

ラミーカミキリ(フトカミキリ亜科トホシカミキリ族)
ラミーカミキリgy18501
今年もこのカミキリのシーズン到来です。
体長10~15㎜。

ニンフホソハナカミキリ(ハナカミキリ亜科ハナカミキリ族)
ニンフホソハナカミキリgy18501
コガクウツギの花に誘われてやって来たようです。
ニンフホソハナカミキリgy18502
体長9~13㎜。

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
GW後半…④
2018/05/10(Thu)
甲虫の仲間のつづき、そしてGWシリーズのラストです。

シロオビナカボソタマムシ(タマムシ科ナガタマムシ亜科)
シロオビナカボソタマムシat18501
キイチゴの葉をホストにする小さなタマムシです。
体長6~9㎜

ヒシモンナガタマムシ(タマムシ科ナガタマムシ亜科)
ヒシモンナガタマムシat18501
広葉樹の伐採木等をホストにします。エノキの倒木に多数!
体長5~8㎜

コウゾチビタマムシ(タマムシ科チビタマムシ亜科)
コウゾチビタマムシat18501
チビタマムシの仲間は色々な植物の葉をホストにしますが、
これはコウゾ類の葉に付きます。
体長2.6~4.2㎜

クロボシツツハムシ(ハムシ科ツツハムシ亜科)
クロボシツツハムシat18501
広葉樹の葉をホストにします。
体長4.5~6.2㎜

セスジツツハムシ(ハムシ科ツツハムシ亜科)
セスジツツハムシat18501
ハンノキ等をホストにします。
体長3.5~4.8㎜

チャイロサルハムシ黒化型(ハムシ科サルハムシ亜科)
チャイロサルハムシat18501
こちらもハンノキをホストにします。
体長3.8~5.2㎜

リンゴコフキハムシ(ハムシ科サルハムシ亜科)
リンゴコフキハムシat18501
新鮮な個体は白粉を帯びていますが、やがて剥げて黒っぽくなります。
体長6~7㎜

キイロクビナガハムシ(ハムシ科クビボソハムシ亜科)
キイロクビナガハムシat18501
よく似た種が多いので間違えやすい…
体長6.2~8㎜

ルリハムシ九州産(ハムシ科ハムシ亜科)
ルリハムシat18501
綺麗な金緑色のハムシです。色は個体差があります。
ルリハムシat18502
ハンノキをホストにします。
ルリハムシat18503
体長6.8~8.2㎜

アトキリゴミムシの一種(オサムシ科アトキリゴミムシ亜科)
アトキリゴミムシat18501
フタホシかジュウジか…?最初ハムシの仲間かと思いましたが…
体長6㎜

カメノコテントウ(テントウムシ科)
カメノコテントウat18501
ナナホシテントウの倍以上はある大きなテントウムシです。
カメノコテントウat18502
ルリハムシの幼虫を捕食します。
体長11~13㎜

キアシカミキリモドキ(カミキリモドキ科)
キアシカミキリモドキat18501
カミキリムシに似ていますが、この仲間はカンタリジンという毒を持っています。
体長7.5~10㎜

モモブトカミキリモドキ♀(カミキリモドキ科)
モモブトカミキリモドキ♀at18501
オスの腿節が太いのでこの名が付きました。
体長5.5~8㎜

アカハネムシ(アカハネムシ科)
アカハネムシat18501
春にはよく観られます。
体長12~17㎜

ミヤマベニコメツキ(コメツキムシ科)
ミヤマベニコメツキat18501
前種共々有毒のベニボタルに擬態しているといわれています。
体長8~9㎜

最後は甲虫ではありませんが…
キベリヒラタアブ(ハナアブ科ヒラタアブ亜科)
キべりヒラタアブat18501
色々な花を訪れるきれいなアブです。
体長11~13㎜

カメラ:ニコンD7100、1Ⅴ3、オリンパスTG-3
レンズ:MICRO NIKKOR 85㎜
     1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
この記事のURL | 甲虫 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ