またまた女山森林公園
2013/06/15(Sat)
朝からの雨で遠出は厳しいため、またまた近場の女山へ…。
新規ゾウムシとの対面もありました。

ラミーカミキリ(フトカミキリ亜科)
ラミーカミキリz02
昔、中国大陸から輸入されたラミー(苧麻)という植物にくっ付いて来たといわれる外来種です。
同じイラクサ科のカラムシやヤブマオ、まれにムクゲの葉上などで見つかります。

カラムシの葉上にて
ラミーカミキリz01
体長8~17㎜。

*ラミー・カラムシ・ヤブマオは、古来より麻織物の原料として栽培されていたようです。

エグリトラカミキリ(カミキリ亜科)
エグリトラカミキリz01
超普通種のトラカミキリの仲間ですが、今年はこの日が初撮影です。
各種広葉樹の枯れ木や花にも集まります。体長9~13㎜。
エノキの立ち枯れにて。

トゲヒゲヒメカミキリ(カミキリ亜科)
トゲヒゲヒメカミキリ♂z01
今日もアカメガシワの葉裏にいました。
先日の個体より触角が長く、体型も細く感じますのでオスだと思われます。
ということは、先日の個体はメス?

ジュウシチホシハナムグリ(コガネムシ科)
ジュウシチホシハナムグリ♀z01
毎年クリの花に来ているのをよく見ますが、この個体はクリの伐採木に産卵に訪れたメスです。
オスの触角はもっと立派になります。
体長10~12㎜。

イチモンジハムシ(ヒゲナガハムシ亜科)
イチモンジハムシz01
黄色い前胸部に4個の黒点が特徴のハムシです。
イヌビワの葉を食べていました。
体長9㎜前後。

オオシロオビゾウムシ(オサゾウムシ科)
オオシロオビゾウムシz01
初見のゾウムシです。
オオゾウムシよりちょっと小さめで9~15㎜あります。
シダの葉上にいましたが、クヌギの樹液にも来るそうです。

掌の上で
オオシロオビゾウムシz02
最初は偽死して固まっていましたが…

イシガケチョウ(タテハチョウ科)
イシガケチョウ3齢幼虫z01
3齢幼虫で2㎝程でした。
イヌビワの葉が食草です。

終齢(5齢)幼虫
イシガケチョウ終齢幼虫z02
5㎝以上あります。たくさんいました。
いずれ成虫も紹介したいものです。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タマムシ | メイン | ゾウムシなど(女山森林公園)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/97-4ab8a1d0

| メイン |