カラ類の混群
2017/03/29(Wed)
シジュウカラ科やエナガを中心に秋から翌春まで群で行動する様子が頻繁に観られます。これをカラ類の混群と言います。

今日はその混群を構成する鳥たちです。

シジュウカラ(シジュウカラ科)
シジュウカラko1701
科名を代表する種です。地上に降りて採餌中でした。
胸から腹部の黒いネクタイが特徴。
くじゅう男池。

ヤマガラ(シジュウカラ科)
ヤマガラko1702

ヤマガラko1701
清流に降りてきて水浴びを始めました。
くじゅう男池。

エナガ(エナガ科)
エナガyh1701
「ジュリジュリ…」という声で群れが近付いて来るのが分かります。長い尾が特徴。
星野村。

コゲラ(キツツキ科)
コゲラko1701
小さなキツツキで「ギーッ」という声と「コッコッ…」という木をつつく音で存在に気付きます。
くじゅう男池。

以上の鳥たちにメジロ(メジロ科)などが混じった群れは平地でも見られます。

ヒガラ(シジュウカラ科)
ヒガラyh1703
平地では中々見られません。胸の黒い三角タイと頭頂の羽が立つのが特徴。
ヒガラyh1704
冬季は高い山から低山(丘陵地)にまで下りて来ます。
星野村。

コガラ(シジュウカラ科)
コガラko1701
こちらは冬季でも高標高地でしか見たことがありません。
コガラko1702
黒い帽子が目立ち胸のネクタイは小さく目立ちません。
くじゅう男池。

ゴジュウカラ(ゴジュウカラ科)
ゴジュウカラko1701
こちらも局地的で低山や平地にはやって来ません。
ゴジュウカラko1702
色々な格好で樹の幹や枝に止まります。
くじゅう男池。

群れていた鳥達も繁殖シーズンを迎え、ペア(番)での行動に変わって行きます。

カメラ:ニコンD7100、 1V3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
     1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<久しぶりの名水100選へ | メイン | 3月半ばの有明海へ ③>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/956-6221501c

| メイン |