筑後広域公園
2016/12/14(Wed)
女山の翌日は広域公園へ。
久しぶりに哺乳類を撮影できました。
なお、来年早々の1月9日、九州芸文館主催の『冬休み芸文館子どもアカデミー』の一環「矢部川の周りで生物観察」で講師をします。子供だけではなく誰でも参加できますので、興味がある方は九州芸文館(電話0942-52-6435)へお申し込みください。詳細はHPをご覧ください。九州芸文館

ツグミ(ヒタキ科ツグミ亜科)
ツグミck1601
ここへはかなりの数が渡ってきているようです。
ツグミck1602
全長24㎝。冬鳥。

ジョウビタキ♂(ヒタキ科)
ジョウビタキ♂ck1603
いつもの場所に…
全長15㎝。冬鳥

オオジュリン(ホオジロ科)
オオジュリンz1601
今年もようやく出会えました。
全長16㎝。漂鳥。

ホオジロ♀(ホオジロ科)
ホオジロ♀ck1601
オオジュリンと見間違えそうでした。
全長16㎝。留鳥。

バン(クイナ科)
バンck1601
嘴から額にかけて赤くなるのが特徴です。
バン幼鳥ck1601
こちらは幼鳥でまだ赤い部分がありません。
全長32㎝。

コガモ(カモ科)
コガモck1601

コガモck1602
だいぶ人慣れしてきて近くで観察できるようになりました。


コガモ♂ck1601
全長38㎝。冬鳥。

イソシギ(シギ科)
イソシギck1601

イソシギck1602
そっと近づいて撮りました。
イソシギck1603
全長20㎝。留鳥。

クサシギ(シギ科)
クサシギck1603
前種によく似ていますが、こちらが少し大きいです。
クサシギck1604
全長24㎝。留鳥?

タヌキ(イヌ科)
タヌキck1601
オオジュリンの出現を待っていたら突然草むらから現れました。
タヌキck1602
結構身近にいるのですが、夜行性なので見かける機会は少ないです。
体長50~60㎝。

カメラ:ニコンD7100
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 自然 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<猛禽たちとの出会い | メイン | 女山森林公園>>
コメント
- 「矢部川の周りで生物観察」で講師 -
こんばんは!

>九州芸文館主催の『冬休み芸文館子どもアカデミー』の一環「矢部川の周りで生物観察」で講師をします

長年の自然観察が 実を結んで、自然観察分野でも 社会貢献が出来ますね!素晴らしいことです!♪(^^)
2016/12/18 23:24  | URL | 白竜 (はく りゅう) #FmHkLvPM[ 編集]
- Re: 「矢部川の周りで生物観察」で講師 -
> こんばんは!
>
> >九州芸文館主催の『冬休み芸文館子どもアカデミー』の一環「矢部川の周りで生物観察」で講師をします
>
> 長年の自然観察が 実を結んで、自然観察分野でも 社会貢献が出来ますね!素晴らしいことです!♪(^^)
ハイ!ありがとうございます。
しっかり楽しみたいと思っています。
2016/12/23 00:43  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/916-24d3c884

| メイン |