カラスの成る木
2016/12/05(Mon)
先週末の土曜日(3日)は『8864(葉っぱ虫)の会』で南阿蘇の高森町まで出かけました。会の名に恥じぬ?様々な虫たちを見つけました。
その前日は隣の八女市の矢部川沿いの千間土居公園へ立ち寄ってみました。

カラスの成る木?
カラスの成る木ys1600
センダンの木にたくさんのカラスが群れています。
金色の実と黒いカラスのコントラストが綺麗でした。

ミヤマガラス(カラス科)
ミヤマガラスys1602
集まっていたのは大陸から渡ってくるミヤマガラスでした。
ミヤマガラスys1601
細く尖った灰色の嘴が特徴です。
取り合うカラスys1601
実を取り合っています(たくさん成っているのに…)。
ミヤマガラスys1603
全長47㎝。

ハシボソガラス(カラス科)
ハシボソガラスys1601
中に数個体ハシボソガラスが混じっていました。
全長50㎝。

ヒドリガモ(カモ科)
ヒドリガモys1601
川にはカモやカイツブリ、セキレイの仲間たちも見られました。
ヒドリガモ♂ys1601
全長49㎝。

カメラ:ニコンD7100 
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<冬を生きる昆虫たち ① | メイン | 11月もすでに後半… ③>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/913-3d1a3923

| メイン |