冬鳥がぞくぞくと… ②
2016/11/15(Tue)
11/13は、いつもの筑後広域公園へ出かけました。
地元で見られる冬鳥は、外国(大陸で繁殖)から渡ってくるものと、国内を(北国や高山から)移動してくるものが観られます。

まずは、公園沿いの矢部川へカモ類を観に行きました。
エクリプスから繁殖羽へ換わった個体が増えてきましたが、警戒心が強く近くまで来てくれないのが…

ヨシガモ♂(カモ科)
ヨシガモ♂cky1601
頭部の形が特徴的でナポレオンハットと呼ばれています。
ヨシガモ♂cky1602
群れの中にオスを2羽確認しました。
体長48㎝。

オカヨシガモ♂(カモ科)
オカヨシガモcky1601
こちらは地味な色ですが、よく見ると渋い美しさがあります。
オカヨシガモcky1602
体長50㎝。

マガモ♂(カモ科)
マガモ♂cky1601
こちらは個体数が多いです。
マガモcky1601
地味な羽はメスです。
体長59㎝。

ヒドリガモ(カモ科)
ヒドリガモcky1601
こちらもたくさんいます。
ヒドリガモcky1602
体長49㎝。

コガモ♂(カモ科)
コガモ♂ck16001
川にも公園内の水路にもたくさん見られます。
体長38㎝。

カルガモ(カモ科)
カルガモck16001
カモ類では唯一の留鳥です。
体長61㎝。

カンムリカイツブリ(カイツブリ科)
カンムリカイツブリcky1601
2年ぶりに1羽(1昨年は2羽)を確認しました。
カンムリカイツブリcky1602
体長56㎝。

オオバン(クイナ科)
オオバンcky1601
30年以上前は数えるほどしか見られませんでしたが、
何処へ行ってもたくさん見られるようになりました。
体長39㎝。

カメラ:ニコンD7100 
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<冬鳥がぞくぞくと… ③ | メイン | 冬鳥がぞくぞくと… ①>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/906-79fa0757

| メイン |