9月始めの大授搦 ①
2016/09/07(Wed)
先週金曜日(9/2)は、久しぶりに有明海の干潟(佐賀県の大授搦)へ「シギ・チドリ」の観察に行ってきました。すでに秋の渡りが始まっており、このままここに留まる(越冬する)鳥、渡りの途中に休息している鳥たち等がたくさん見られました。これから冬に向けて更に数が増えてきます。
なお、シギチは種の判別が難しいので間違いがあるかもしれません。ご教示いただければ幸いです。

シギ・チドリ色々
シギチ色々dk16001
一番数が多いダイゼンを中心にオバシギ、メダイチドリ、オオソリハシシギ。チュウシャクシギ、ハマシギ等がいます。

シギチ色々dk16002
大群の中のほんの一部です。

シギチ色々dk16003
左からオバシギ、ダイゼン、ソリハシシギ、オバシギ、サルハマシギ。

シギチ色々dk16004
オオソリハシシギ、オバシギ、ダイゼン、メダイチドリ。ソリハシシギ、トウネンが混じっているようです。

アカアシシギ(シギ科)
アカアシシギdk16001
脚が赤い!
アカアシシギdk16002
奥はオバシギとダイゼン、手前はハマシギ?
全長27~29㎝。

キアシシギ(シギ科)
キアシシギdk16001
手前はトウネン

キアシシギdk16002
奥はメダイチドリ
全長24~27㎝。

アオアシシギ(シギ科)
アオアシシギdk16001

アオアシシギdk16002
真ん中はダイゼン
全長30~34㎝。

カラフトアオアシシギ(シギ科)
カラフトアオアシシギdk16001
他の観察者の方から教えていただきました。
かなり遠くにいたので大トリミングしています。
「シギ・チドリ類ハンドブック」によると世界的希少種ということです。
アオアシシギより背が低く嘴がちょっと太いのが特徴のようです。
全長29~32㎝。

カメラ:ニコンD7100、1V3 
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
      ニコン 1NIKKOR70-300VR
この記事のURL | 野鳥 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<9月初めの大授搦 ② | メイン | 8月末に奥八女へ ③>>
コメント
- シギチ -
こんばんは!
いやぁ~ シギチの同定は難しですね!
でも、あれや これやと推測するのが面白いです!
2016/09/09 01:56  | URL |  白竜雲(はく りゅう うん) #FmHkLvPM[ 編集]
- Re: シギチ -
> こんばんは!
> いやぁ~ シギチの同定は難しですね!
> でも、あれや これやと推測するのが面白いです!
白竜雲さんこんばんは!
ホント、シギチは難しいけどハマりますね!
2016/09/09 19:06  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/871-7b14f189

| メイン |