天山(てんざん) <前篇>
2013/05/29(Wed)
天山は、佐賀県のほぼ中央に位置する標高1046mの山です。
山頂は草原状になっていて、ミヤマキリシマ(ツツジ科)やツゲ等が群生しています。
貴重な植物もたくさんありますが、今回は山頂へは向かわず道路沿いの林縁で昆虫を探しました。

天山上宮駐車場からの眺め
R0013427.jpg
山頂近くまで道路が整備され、駐車場から30~40分で登れます。

オトシブミ♂(オトシブミ科オトシブミ亜科オトシブミ族)
オトシブミ♂t01
体長8~9.5㎜です。枯れた下草に止まっていました。

揺籃作り
R0013429.jpg
ここはハンノキ(カバノキ科)が多く、駐車場の周りでは間近で葉を巻く様子が観察できます。
オトシブミpt01

カシルリオトシブミ♂(オトシブミ科アシナガオトシブミ亜科ルリオトシブミ族)
カシルリオトシブミt01
体長3.5㎜前後。
道沿いのイタドリの葉にいました。オスの前脚は太くて長いです。

カシルリオトシブミ♀
カシルリオトシブミt02
メスがイタドリの葉を巻いていました。

ハギルリオトシブミ(オトシブミ科アシナガオトシブミ亜科ルリオトシブミ族)
ハギルリオトシブミt01
ハギ(萩)の葉が開くのに合わせて、他のオトシブミより遅く出現します。
体長3.5㎜前後で、少し紫色を帯びます。

他にも、ヒメクロオトシブミやルリ(ナラルリ?)オトシブミを見かけました。

ノミゾウムシの仲間(ゾウムシ科ノミゾウムシ族)
t01ノミゾウムシ
体長2.5㎜程。
ホウノキ(モクレン科)の葉裏にいました。
他にも似たようなゾウムシが結構いましたが種の同定はできませんでした。

ビロウドコガネ(コガネムシ科)
ビロードコガネt01
体長1㎝位で、からだ全体がビロウド状の微毛で覆われています。
数種類いますので、これもマルガタビロウドにも似ていて…。

シモフリコメツキ(コメツキムシ科)
シモフリコメツキt01
体長1.3㎝前後で、灰色毛が霜降り模様に見えます。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED

後篇につづく
この記事のURL | 甲虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<天山(てんざん) <後編> | メイン | アオハダトンボの季節>>
コメント
-  -
遠くの景色を眺めながら
近くのマクロの世界を写!
一挙両得なええとこですね!
2013/05/30 01:42  | URL | S.SHIN #k9MHGdfk[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/87-9607a03e

| メイン |