樫原湿原 ②
2016/09/01(Thu)
今夜は久しぶりに揺れました。

さて、今日はトンボ編です。

ハッチョウトンボ♂(トンボ科)
ハッチョウトンボ♂ks1602
日本最小のトンボで、世界でも最小の部類に入るようです。
ハッチョウトンボ♂ks1605
繁殖シーズンも終わりでメスの姿は見つけられませんでした。
ハッチョウトンボ♂ks1606
体長17~21㎜。

ベニイトトンボ♂(イトトンボ科)
ベニイトトンボ♂ks1601
広い湿原の中で草むらに紛れていると中々見つかりません。
ベニイトトンボ♂ks1602
体長32~43㎜。

キイトトンボ♀(イトトンボ科)
キイトトンボ♀ks1601
こちらは前種より個体数も多く見つけやすかったです。


キイトトンボ♂ks1601
オスは綺麗な黄色です。
体長31~44㎜。

ヒメアカネ♂未熟個体(トンボ科)
ヒメアカネ♂ks1601
秋が深まると、体色が赤く染まっていく赤トンボ(アカネ)の仲間です。
体長28~38㎜。

ギンヤンマ♀産卵①(ヤンマ科)
ギンヤンマ♀ks1601

ギンヤンマ♀ks1602
これはオス型で腰部が青味を帯びています。

♀②
ギンヤンマ♀ks1603

ギンヤンマ♀ks1604
こちらは腰から腹部が黒っぽく違う種と間違えました。
体長65~84㎜。

コフキトンボ♂(トンボ科)
コフキトンボ♂yt1601
帰りに立ち寄ったクリーク公園にたくさんいました。
コフキトンボ♂yt1602
シオカラトンボに似ていますが、複眼が大きくややズングリムックリに見えます。


コフキトンボ♀yt1601
メスだと思うのですが…
体長37~48㎜。

ウチワヤンマ(サナエトンボ科)
ウチワヤンマyt1601
ヤンマと名が付きますがサナエトンボの仲間です。
尾の先端にウチワ状の突起があります。
体長70~87㎜。クリーク公園。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール70-300VR。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<8月末に奥八女へ ① | メイン | 樫原湿原 ①>>
コメント
- 樫原湿原 -
お早うございます
22日に樫原湿原に行かれたんですね
ぼん天棒も28日に行きましたが、豪雨で車から出られませんでした。30日に再度出掛けました。
赤トンボを撮影しましたがヒメアカネと云うんですね
何時もは8月中旬に出掛けるんですが月末でサギソウなどの姿は見る事が出来ませんでした
2016/09/01 05:08  | URL | ぼん天棒 #-[ 編集]
- Re: 樫原湿原 -
> お早うございます
> 22日に樫原湿原に行かれたんですね
> ぼん天棒も28日に行きましたが、豪雨で車から出られませんでした。30日に再度出掛けました。
> 赤トンボを撮影しましたがヒメアカネと云うんですね
> 何時もは8月中旬に出掛けるんですが月末でサギソウなどの姿は見る事が出来ませんでした
こんばんは!
サギソウはもう終わってしまったのですね…
アカネの仲間の同定は、胸部の模様(上からと横から)が決め手になります。
結構難しいです。
2016/09/01 22:10  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/867-bcb10f9f

| メイン |