梅雨時のカミキリ
2016/07/11(Mon)
今日は、降れば大雨、止んだかと思えばまた降りだすという一日でした。
まだ梅雨明けには程遠いようです。

今日、明日とカミキリを2回に分けてアップします。

アメイロカミキリ(カミキリ亜科)
アメイロカミキリkh1601
ハナウドの花に来ていました。
体長6.5~10.5㎜。くじゅう長者原。

アトジロサビカミキリ(フトカミキリ亜科)
アトジロサビカミキリat1602
小さいサビカミキリの仲間です。
体長8~11㎜。阿蘇。

センノカミキリ(フトカミキリ亜科)
センノカミキリat1601
センノキ(ハリギリ)やタラノキなどウコギ科に付きます。
体長20~37㎜。阿蘇。

ニセシラホシカミキリ(フトカミキリ亜科)
ダイセンカミキリat1601
南阿蘇ビジターセンター野草園ではよく見かけます。別名ダイセンカミキリ。
体長8~12㎜。阿蘇。

ツマグロハナカミキリ(ハナカミキリ亜科)
ツマグロハナカミキリat1601
普通種ですがそう多くは見かけません。
体長12~17㎜。阿蘇。

不明種(フトカミキリ亜科?)
カミキリat1601
ヒメヒゲナガカミキリかなと思いましたが、斑紋と触角が微妙に違うような…
体長10㎜程でした。阿蘇。

キスジトラカミキリ(カミキリ亜科)
キスジトラカミキリat1601
カエデの枯れかけた所にいました。ある種のハチに擬態しています。
体長10~18㎜。阿蘇。

ミヤマカミキリ(カミキリ亜科)
ミヤマカミキリz1601
久しぶりに大型カミキリと遭遇しました。
体長34~57㎜。女山森林公園。

ヒメヒゲナガカミキリ(フトカミキリ亜科)
ヒメヒゲナガカミキリz1603
触角の長さが際立ちます。
体長9.5~18.5㎜。女山森林公園。

セミスジコブヒゲカミキリ(フトカミキリ亜科)
セミスジコブヒゲカミキリz1601
オスの触角の第1第3節は棍棒状に膨らみます。
この個体はメスで触角が片方欠損しているようです。
体長10~20㎜。清水山。

ナガゴマフカミキリ(フトカミキリ亜科)
ナガゴマフカミキリz1601
普通種ですが今年初撮りでした。
体長11~22㎜。女山森林公園。

カメラ:ニコン1V3、D7100。
レンズ:1ニッコール30~70㎜、1ニッコール70-300VR
マイクロニッコール85㎜。
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<梅雨時のカミキリ ② | メイン | 梅雨時のトンボ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/843-754087f0

| メイン |