6月のトンボ ①
2016/06/20(Mon)
梅雨の晴れ間を縫って、佐賀県へ出かけました。
一つは有名になった湿原で、今では観光バスも来るような所です。
もう一か所はちょっと山手の小さな川へ。
2日とも貴重なトンボに出会えました。

ハッチョウトンボ♂(トンボ科)
ハッチョウトンボ♂ks1601
日本最小のトンボです。
ハッチョウトンボ♂ks1602
湿地や湿原に生息しますが局地的です。


ハッチョウトンボ♀ks1601
メスは地味な色です。
体長17~21㎜。

モートンイトトンボ♂(イトトンボ科)
モートンイトトンボ♂ks1601
湿地や湿原で見られますが、個体数が少ないうえに細く小さいので中々見つけられません。

羽化
モートンイトトンボ羽化ks1601
羽化したてを見つけました。
体長23~32㎜。準絶滅危惧種。

アオハダトンボ♀(カワトンボ科)
アオハダトンボ♀sk1601
湿原からの帰りに立ち寄った川で…


アオハダトンボ♂
普通種のハグロトンボと違って、オスもメスも体は金緑色です。
体長メス55~59㎜、オス57~63㎜。分布は局地的。

この日T君からグンバイトンボの情報を教えてもらい、日を改めて出かけました。

グンバイトンボ♂(モノサシトンボ科)
グンバイトンボ♂sa1601
生息環境の関係から局地的に分布をしています。
グンバイトンボ♂sa1602
オスの中・後脚が白く広がっています(軍配状)。

交尾
グンバイトンボsa1601
交尾後、水草の茎に産卵します。
グンバイトンボsa1602
オスは連結したまま直立して警護し、他のオスを白い脚で追い払います。
グンバイトンボsa1603
体長37~41㎜。準絶滅危惧種。

モノサシトンボ♂(モノサシトンボ科)
モノサシトンボsa1601
普通種ですが、ここではグンバイトンボの方が多く見かけました。
モノサシトンボ♂sa1601
オスも脚は普通です。
体長38~51㎜。腹節の模様がモノサシの目盛りのように見えます。

クロイトトンボ(イトトンボ科)
クロイトトンボ♂sa1601
こちらもどこにでもいる普通種ですが、見たのはこの個体のみです。
体長27~38㎜。

カメラ:ニコンD7100、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール30~70㎜。
この記事のURL | トンボ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<6月のトンボ ② | メイン | ヒョウモンチョウなど>>
コメント
- 希少なトンボ -
こんばんは!
当地でも、希少で局地的なのですが・・・生息地へ行けば撮れます
d(^^) 
八ッチョウトンボは市内で5km、モートンイトトンボは35km、アオハダトンボは30km、グンバイトンボが一番遠くて60kmくらい先です(^^;)
2016/06/20 23:48  | URL | ▲▲▲白竜雲 (はく りゅう うん) #FmHkLvPM[ 編集]
- Re: 希少なトンボ -
> こんばんは!
> 当地でも、希少で局地的なのですが・・・生息地へ行けば撮れます
> d(^^) 
> 八ッチョウトンボは市内で5km、モートンイトトンボは35km、アオハダトンボは30km、グンバイトンボが一番遠くて60kmくらい先です(^^;)
こんばんは
結構近くで見られるのですね
羨ましいです!
2016/06/21 20:52  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/835-68d14cf8

| メイン |