GWに出会った生き物たち ⑨
2016/05/20(Fri)
今日はトンボ色々です。
GW以降に出会ったトンボもアップします。

アオハダトンボ♀(カワトンボ科)
5月に入るとこのトンボに会いたくなりますが、地元にはいないのでちょっと遠出することになります。
アオハダトンボ♀st1601
メスの翅の白い縁紋が目立ちます。
アオハダトンボ♀st1602
ハグロトンボと違ってメスもメタリックに輝きます


アオハダトンボ♂st1601
オスの輝き(メタリックグリーン)はメス以上です。
アオハダトンボ♂st1602
太陽光の具合では翅もメタリックに輝きます。
アオハダトンボ♂st1603
時々翅を「パッ!」と開きます。
体長メス55~59㎜、オス57~63㎜。佐賀県。

ミヤマカワトンボ♀(カワトンボ科)
ミヤマカワトンボ♀st1601
カワトンボの仲間の最大種です。
体長63~77㎜。佐賀県。

クロサナエ♀(サナエトンボ科)
クロサナエ♀st1601
ホオノキの葉にとまっていました。天山。

交尾
クロサナエyy1601
矢部村の源流域。
体長メス36~46㎜、オス38~51㎜。

ヒメクロサナエ♂(サナエトンボ科)
ヒメクロサナエ♂yh1601
サナエトンボは胸部(黄色と黒)の模様などで判別します。
ヒメクロサナエ♂yh1602
体長オス38~46㎜。星野村の源流域。

ヤクシマトゲオトンボ♂(ヤマイトトンボ科)
ヤクシマトゲオトンボyh1601
羽化したての個体でした。
ヤクシマトゲオトンボyh1602
九州産はキュウシュウトゲオトンボとされる場合もあるようです。
体長オス41~51㎜。星野村の源流域。

ホソミイトトンボ♂(イトトンボ科)
ホソミイトトンボyh1601
成虫で越冬するトンボ3種のうちの一つです。
体長30~38㎜。星野村。

カメラ:ニコンD7000、1V3
レンズ:マイクロニッコール85㎜、1ニッコール30~70㎜。
この記事のURL | トンボ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<GWに出会った生き物たち ⑩ | メイン | GWに出会った生き物たち ⑧>>
コメント
- トンボ -
こんばんは!
アオハダトンボ・・・当地でも 少ないです!
アオハダトンボは雌雄とも 尾端の下側が白いですね(^^)

ミヤマカワトンボ・・・これも山地に行かないと見られないのですが・・・今日 ウスバシロチョウを撮りに山地へ行ったついでに撮ろうと思いましたが・・・居ませんでした^^;;
サナエも 沢山 飛び始めているのですね!
2016/05/20 01:05  | URL | ▲▲▲白竜雲 (はく りゅう うん) #FmHkLvPM[ 編集]
-  -
お早うございます
初めて見るトンボの姿に見惚れました
星野や矢部の山中で見れるんですね
写真を撮られている時のお気持ちが
伝わってきました

2016/05/20 05:31  | URL | ぼん天棒 #-[ 編集]
- Re: トンボ -
> こんばんは!
> アオハダトンボ・・・当地でも 少ないです!
> アオハダトンボは雌雄とも 尾端の下側が白いですね(^^)
>
> ミヤマカワトンボ・・・これも山地に行かないと見られないのですが・・・今日 ウスバシロチョウを撮りに山地へ行ったついでに撮ろうと思いましたが・・・居ませんでした^^;;
> サナエも 沢山 飛び始めているのですね!
お返事遅くなりました。
アオハダトンボの輝きは感動します!
ウスバシロチョウも九州には生息しません。
一度長野県で見たことがあるのみです。
2016/05/24 23:50  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
- Re: タイトルなし -
> お早うございます
> 初めて見るトンボの姿に見惚れました
> 星野や矢部の山中で見れるんですね
> 写真を撮られている時のお気持ちが
> 伝わってきました
トンボも山から海辺まで生息域が広いですね。
そこそこに貴重種がいたりします。
2016/05/24 23:53  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/819-e799c31c

| メイン |