矢部村 ④
2013/05/19(Sun)
今日は朝から久しぶりの本格的な雨でした。
まぁ、生き物にとっては雨もたまには必要です。
お陰でどこにも出かけず、画像の整理と相成りました。
今日も大小様々なゾウムシ達です。

オオゾウムシ(オサゾウムシ科)
オオゾウムシy01
日本で最大のゾウムシで、大きいものでは体長が3㎝近いものもいます。
昨日紹介した伐採木にいましたが、3枚ほどシャッターを切ったら下(裏)の方へ行ってしまいました。

ハダカヒゲボソゾウムシ(ゾウムシ科)
ヒラズネヒゲボソゾウムシy01
体長5~6㎜で同じ場所にいました。
割と普通に見られます。

コブヒゲボソゾウムシ(ゾウムシ科)
リンゴコフキゾウムシy01
体長5.5~6㎜。最初リンゴコフキゾウムシかと思いましたが…、
何となく脚が細いし雰囲気が違うのでコブヒゲとしましたが自信なしです。
林道沿いの葉上で見つけました。

クチブトゾウムシの仲間(ゾウムシ科)
クチブトゾウムシy01
カシワクチブトかな?とも思いますが…

オビモンヒョウタンゾウムシ(ゾウムシ科)
オビモンヒョウタンゾウムシy01
色々なオトシブミが見つかるスポットがあるのですが、このゾウムシもそこで必ず見つかります。
体長6.5~8.5㎜。

キスジアシナガソウムシ(ゾウムシ科)
キスジアシナガゾウムシy01
イラクサ科のカラムシやアザミでよく見つかるアシナガゾウムシの仲間です。
茎に傷を付けて産卵するようです。
体長8~11㎜。

ハスジカツオゾウムシ(ゾウムシ科)
ハスジカツオゾウムシy01
ヨモギやアザミの葉上で見つかるカツオゾウムシの仲間です。
体長11㎜前後。

ホソアナアキゾウムシ(ゾウムシ科)
ホソアナアキゾウムシy01
体長5~8㎜のアナアキゾウムシの仲間です。
体色は白黒斑模様で鳥の糞に擬態しています。
いつもダニをくっ付けている個体をよく見ますが、この個体のダニの数は半端じゃなくちょっと気持ち悪いです。
何故かマイカーのリヤガラスに止まっていました。

ホソアナアキゾウムシy03
地面におろして撮影しました。

ユアサハナゾウムシ(ゾウムシ科)
ユアサハナゾウムシy01
体長2~3㎜と極小のハナゾウムシの仲間です。
ケヤキの葉先にたくさんいました。

ユアサハナゾウムシy02
手の甲の上で。

ノミゾウムシの仲間(ゾウムシ科)
ノミゾウムシy01
こちらも小さく2~3㎜位しかなくノミゾウの仲間?としかわかりません。
同じくケヤキの葉にいました。

ノミゾウムシy02
背面から見ると口吻が隠れてゾウムシには見えません。

ホソクチゾウムシの仲間(ホソクチゾウムシ科)
ホソクチゾウムシy01

ホソクチゾウムシy02
同じく2~3㎜しかなく同定困難です。
ヒゲナガホソクチのようにも見えるのですが…。
この2匹は別の場所で撮ったものです。

撮影機材 カメラ:ニコンD90 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<矢部村 ⑤ | メイン | 矢部村 ③>>
コメント
-  -
体長2~3㎜・・・超マクロな世界ですね。
こちらも午後からは雨の中での田植えでした。
トビケラが羽化してうじゃうじゃいました。
2013/05/20 00:01  | URL | S.SHIN #k9MHGdfk[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/79-1d4ecc47

| メイン |