矢部村 ②
2013/05/17(Fri)
この時期、あちこちでノアザミ(キク科)の花が綺麗です。
ノアザミは春に咲く唯一のアザミで、多くの昆虫が訪れます。
そこに集まる蝶たちです。

カラスアゲハ(アゲハチョウ科)
カラスアゲハy01
前翅長45~80㎜大きな蝶です。
クロアゲハに似ていますが、翅表は緑や青に美しく輝きます。
幼虫は、コクサギ、キハダ、サンショウ、カラスザンショウなどミカン科の葉を食べます。

ミヤマカラスアゲハ(アゲハチョウ科)
ミヤマカラスアゲハy01
前種に似ていますが、翅表の色はより鮮やかなような気がします。
カラスアゲハとの違いは後翅の裏に白いスジが入ります。
幼虫は、キハダ、カラスザンショウ、ハマセンダンなどミカン科の葉を食べます。

オナガアゲハ(アゲハチョウ科)
オナガアゲハy01
前2種に比べると若干小さく翅が細長い感じがし、緑や青の光沢はありません。
特に尾状突起の長さが目立ちますが、これが名前の由来です。
幼虫は同じくミカン科の葉を食べます。

ミヤマチャバネセセリ(セセリチョウ科)
ミヤマチャバネセセリy01
前翅長16~22㎜のどちらかといえば地味な色合いの蝶です。
幼虫は、ススキ、チガヤ、ヨシなどのイネ科の葉を食べます。
似たような種とは前翅裏の白紋の状態で見分けます。

ヒメキマダラセセリ(セセリチョウ科)
ヒメキマダラセセリy01
前翅長12~17㎜の黄色っぽいセセリチョウです。
幼虫は、イネ科のススキ、チジミザサなどや、カヤツリグサ科のカサスゲなどの葉を食べます。
吸蜜のために口吻を伸ばしています。

モンキチョウ(シロチョウ科)
モンキチョウy01
モンシロチョウ位の大きさです。
幼虫は色々なマメ科の草本を食べます。

スジグロシロチョウ(シロチョウ科)
スジグロシロチョウy01
ヤマトスジグロというのもいて同定に自信無しです。
大きさはモンシロチョウより若干大き目です。
幼虫は、野生のアブラナ科草本などを食べます。

テングチョウ(タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウy01
汗の匂いに惹かれてか私の手に止まりました。
幼虫は、ニレ科のエノキやエゾエノキの葉を食べます。

トラフシジミ(シジミチョウ科)
トラフシジミy01
翅表は紫色をしていますが、翅裏の模様は春型と夏型で違います。
これは春型で縞模様がハッキリとしています。
幼虫は、マメ科のフジやクズ、ウツギ科のウツギ、バラ科のノイバラなどを食べます。
ウツギの花に来ていました。

撮影機材 カメラ:ニコンD90 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<矢部村 ③ | メイン | 矢部村 ①>>
コメント
-  -
矢部村シリーズ、拝見させていただいておりますよぉ~
黒系のアゲハは撮りたいんですがなかなか写!できません・・・
今日は定例のライブでした。
2013/05/18 01:00  | URL | S.SHIN #k9MHGdfk[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/77-6b515cd8

| メイン |