GW後半 ⑧
2013/05/12(Sun)
カミキリムシの仲間がボチボチ増え始めました。
カミキリムシも種類が多く日本には約800種いるそうです。
大きさも数ミリ~7~8センチと様々です。

キバネニセハムシカミキリ
キバネニセハムシカミキリk01
名前のとおり一見ハムシに見えるカミキリです。
体長4~8mmで幼虫はヌルデやアカメガシワ、ヤマブドウなどの枝の中にいます。
成虫は各種の花を訪れます。
清水山にて。

ホタルカミキリ
ホタルカミキリa01
成虫は花にも来ますが、幼虫の餌となるネムノキ等の倒木や枯れ木に集まります。
体長7~10mm。南阿蘇ビジターセンターの壁にいました。

ベニカミキリ
ベニカミキリ
成虫はカエデやクリ等色々な花に集まります。
幼虫は各種の竹を食害します。
昔は畑のネギ坊主にたくさんいましたが、最近は見かけることが稀です。
体長12~17mm。浦山公園のハゼの葉裏にいました。

トゲヒゲトラカミキリ
トゲヒゲトラカミキリg01
トラカミキリの仲間で、各種の花を訪れます。
分かり難いですが、触覚に小さな棘があります。
体長8~11.5㎜。グリーンピア八女のコバノガマズミの花にいました。

コジマヒゲナガコバネカミキリ
コジマヒゲナガコバネカミキリh01
前翅(鞘翅)が小さく(コバネ)一見蜂にしか見えません(擬態)が、
れっきとしたカミキリムシの仲間です。

コジマヒゲナガコバネカミキリh00
体長5.5~8㎜で各種の花を訪れます。
星野村のコバノガマズミの花にいました。

モモブトカミキリモドキ♀(カミキリモドキ科)
モモブトカミキリモドキh01
カミキリムシに似ていますが全く別物です。オスの後腿節は太くなります。
体液に毒があり皮膚に触れると水疱ができるそうです。
体長5.5~8㎜。星野村のコバノガマズミの花にいました。

撮影機材 カメラ:ニコンD90 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<GW後半 ⑨ | メイン | GW後半 ⑦>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/72-9ba1f54f

| メイン |