糞虫たち
2015/10/09(Fri)
糞虫と言えば、ファーブル昆虫記のスカラベ(タマオシコガネ・フンコロガシ)が有名ですが、日本にも多くの糞虫が生息しています。その多くは野生動物や家畜の糞に集まり、それを餌にしています。糞虫と聴くだけで「エーッ?!」と引かれそうですが、これらの昆虫がいないと山野は動物の糞だらけということにもなりかねません。
で、先日阿蘇の高森町で地元の高校1年生の糞虫探しに同行させていただきました。
阿蘇ではまだ牧畜業が維持されていますが、各地で牧畜業が衰退し、また牧草への化学肥料や輸入飼料のなど棲息環境の変化の影響で、ダイコクコガネのように絶滅の危機に瀕している種もあります。

ゴホンダイコクコガネ♂(コガネムシ科タマオシコガネ亜科)
ゴホンダイコクコガネ♂at1502
高校生が見つけてくれました。
ゴホンダイコクコガネ♂at1501


ゴホンダイコクコガネ♀at1501
カブトムシと同じでメスには角がありません。
体長9.7~16㎜。

オオフタホシマグソコガネ(コガネムシ科マグソコガネ亜科)
オオフタホシマグソコガネat1501
マグソとは馬糞のことですが、牛糞で見つかります。
体長11~13.5㎜

フトカドエンマコガネ♂(コガネムシ科タマオシコガネ亜科)
素人には同定が中々難しいです…、落とされたばかりの馬糞に次々と飛んできました。
フトカドエンマコガネ♂at1502
オスの胸部は隆起し側部が角状になっています。


フトカドエンマコガネ♀at1501
飛んでいる時はハエのように見えますが…
体長7~11.3㎜。

センチコガネ(センチコガネ科)
ちょっと開けた草地があると、地面スレスレを飛んでいきます。
センチコガネat1504

センチコガネat1505
綺麗な次種ほどではありませんが、光沢感があり綺麗です。
センチコガネat1506
別個体です。
体長12.42~1.5㎜。

オオセンチコガネ(センチコガネ科)
オオセンチコガネat1503
昨年もでしたが、この時期活発に活動しています。
オオセンチコガネat1505
ひっくり返したて裏(下)側を見てみました。
オオセンチコガネat1504
体長12.4阿蘇22㎜、

撮影機材 カメラ:ニコンD71000
レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED

明日から仕事で神戸へ行き1泊。明後日夕方までには帰宅し、その夜はバンドの合宿です。
来週以降、バンドのライブや個人でのライブが控えています。
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<秋の野草(花) ② | メイン | 秋の野草(花) ①>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/719-7a6f27f7

| メイン |