秋の野草(花) ①
2015/10/07(Wed)
秋の花は派手さはありませんが、なんだかホッと心癒される気がします。

ムラサキセンブリ(キキョウ科)
ムラサキセンブリat1501
薬草になるセンブリは白花ですが、こちらは綺麗な紫色です。
阿蘇。

ミゾソバ(タデ科)
水辺や湿り気の多い林縁などで普通に見られます。
ミゾソバat1501
花が蕎麦の花に似ていて水(溝)辺に咲くところからの命名です。
ミゾソバat1502
2~3㎜の小さい花が集まって咲きますがアップで見ると可憐です。
阿蘇。

ミヤマタニソバ(タデ科)
こちらは山に行かないと見れません。
ミヤマタニソバat1501
前種に似た白い花を付けます。
阿蘇。

ミズヒキ(タデ科)
ミズヒキh1501
熨斗につける水引に似ているところからきています。
ミズヒキh1502
これまた2~3㎜の小さな花ですが、アップで見るとちゃんと花になっています。
ミズヒキh1503
星野村。

キンミズヒキ(バラ科)
同じミズヒキという名でもこちらはバラ科になります。
キンミズヒキh1501
黄色を金色に見立てる花は結構あります。
星野村。

ママコナ(ゴマノハグサ科)
ママコナh1501
花唇にある白い部分を米粒(ママツブ)に見立てて名付けられたそうです。
ママコナh1502
丘陵地から山地の林縁などで見られます。
星野村

撮影機材 カメラ:ニコンD71000
レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 野草 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<糞虫たち | メイン | 渡って行く鳥、留まる鳥>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/718-fc7c5340

| メイン |