初秋のゾウムシ
2015/09/30(Wed)
ゾウムシの仲間もまだまだ見られます。

ムネミゾサルゾウムシ(サルゾウムシ亜科)
カナムグラにつく微小なゾウムシです。
ムネミゾサルゾウムシat1501
カナムグラに付く微小なゾウムシには数種あるようです。
体長2.7~2.9㎜。阿蘇。

コナラシギゾウムシ(シギゾウムシ亜科)
コナラシギゾウムシ♀at1501
ナラガシワのドングリに穿孔しているところを発見。
コナラシギゾウムシ♀at1502
体型をみるとクリシギという可能性も捨てきれませんが…
コナラシギゾウムシ♀at1503
一応コナラシギとしておきます。
コナラシギゾウムシ♀at1504
体長5.5~10㎜。阿蘇。

トホシオサゾウムシ(オサゾウムシ科)
5~7月というイメージのゾウムシですが…
トホシオサゾウムシ
ヒヨドリバナに何故かたくさん付いていました。
トホシオサゾウムシat1503
体長5.8~7.9㎜。阿蘇。

おまけ…
ナガゴマフカミキリ(フトカミキリ亜科)
ナガゴマフカミキリat1501
もうそろそろ見納めかなと思われるカミキリです。
体長13~22㎜。阿蘇。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000
レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<渡って行く鳥、留まる鳥 | メイン | 夏の終わり(初秋)のコガネムシ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/716-cd171b7e

| メイン |