県境の山間部へ ①
2015/08/19(Wed)
慌ただしい盆の合間を縫って、いつもの大分との県境へ出かけました。
福岡県側は八女市(旧矢部村)大分県側は日田市(旧中津江村と前津江村)となる山間部です。ノリウツギの開花に合せて、花に集まるカミキリムシ狙いだったのですが…
カミキリは少なかったものの色々な昆虫や花に出会えました。

ゲンノショウコ(フウロソウ科)
胃腸薬に利用される薬草として有名ですが…花は可憐です。
ゲンノショウコhn1501
草丈30~50㎝。花径2㎝程。

アオバセセリ(セセリチョウ科)
地味な種が多いセセリの中にあって美麗種として人気があります。
アオバセセリhn1501
出会えそうで中々出会えませんが、ノリウツギの花で吸蜜中の個体に出会えました。
アオバセセリhn1502
前翅長23-31mm。

トラフシジミ(シジミチョウ科)
春翅に比べて夏翅の個体にはあまり出会いません。
トラフシジミyy1501
厳しい環境を生き抜いて翅が傷んだ個体です。
トラフシジミyy1502
前翅長16~21㎜。

シロオビナミシャク(シャクガ科)
綺麗な蛾を見つけました。
シロオビナミシャクyy1501
開翅長22~27㎜。

ヒメビロウドコガネ(コガネムシ科)
上翅にビロウド状の微毛があります。
ビロウドコガネhn1501
体長6~9㎜。

ツヤコガネ(コガネムシ科)
上翅に光沢があり色には変異があります。
ツヤコガネhn1501
体長12~18㎜。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000
       レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<県境の山間部へ ② | メイン | 樫原湿原 ③>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/701-4a13a987

| メイン |