樫原湿原 ②
2015/08/17(Mon)
今日はトンボ達です!

ハッチョウトンボ♂(トンボ科)
ハッチョウトンボ♂ks1501
日本最小(世界でも最小の部類)のトンボです。
ハッチョウトンボ♂ks1502
ちょっと最盛期は過ぎたかなという感じですがまだまだ見られました。
オスは成熟すると真っ赤になります。


ハッチョウトンボ♀ks1501
メスは成熟しても地味です。
ハッチョウトンボ♀ks1502
オスもメスも小さいので草むらにいると中々見つかりません。
体長17~21㎜。

キイトトンボ♂(イトトンボ科)
キイトトンボ♂ks1501
薄緑の胸部と黄色の腹部が綺麗なイトトンボ。
キイトトンボ♂ks1502
体長35~46㎜。

ベニイトトンボ(イトトンボ科)
ベニイトトンボ♂ks1501
こちらは腹部が赤くちょっと細めです。
連結産卵中のカップルがたくさん見られました。
ベニイトトンボks1501
体長36~43㎜。

クロイトトンボ(イトトンボ科)
こちらも産卵中のカップルがあちこちに…
クロイトトンボks1501
体長27~37㎜。

ホソミオツネントンボ(アオイトトンボ科)
ちょっと離れた水草に羽化して間もないと思われるトンボの影が…
ホソミオツネントンボks1501
すぐ上には抜け殻が…
体長35~42㎜。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000、1V3
       レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
             1 NIKKOR VR 70-300 f/4.5-5.6
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<樫原湿原 ③ | メイン | 樫原湿原 ①>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/699-0dbb7fae

| メイン |