トンボいろいろ ①
2015/08/08(Sat)
トンボ(特にアカトンボ)の種類も増えてきました。
そんなトンボ科の仲間です。

ナツアカネ
オスは成熟すると顔面から体全体が真赤になります。
ナツアカネa1501
体長33~43㎜。阿蘇。

アキアカネ
前種によく似ています。こちらは頭部と胸部は赤くなりません。
アキアカネa1501
体長32~46㎜。阿蘇。

ミヤマアカネ♂
尾部を上げるのは、太陽光のあたる範囲を小さくして体温の上昇を防ぐためだと言われています。
ミヤマアカネ♂a1501
翅の帯模様が特徴です。


ミヤマアカネ♀a1501
体長30~41㎜。阿蘇。

マユタテアカネ
顔面の黒い点を眉に見立てています。
マユタテアカネgy1501
体長3142㎜。グリーンピア八女。

ウスバキトンボ
赤く見えますが、アカトンボの仲間ではありません。
ウスバキトンボa1501
南方から世代交代を繰り返しながら北上して行きます。
体長44~54㎜。阿蘇。

オオシオカラトンボ♂
うす暗い林道でテリトリーを張っていました。
オオシオカラトンボ♂z1501
女山森林公園。


オオシオカラトンボ♀gy1501
オスとメスとでは色が違います。
グリーンピア八女。
体長49~61㎜。

撮影機材 カメラ:ニコンD71000
       レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<チョウいろいろ ① | メイン | セミの仲間>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/691-f47ca211

| メイン |