フトカミキリ亜科 ②
2015/07/31(Fri)
今日はつぶらな瞳?のカミキリ達です。
トホシカミキリ族は、小型で美麗種揃いです。

ヤツメカミキリ(トホシカミキリ族)
子どもキャンパスとその翌日の撮影です。
ヤツメカミキリz1503
いつもの立ち枯れかけたサクラの幹にいました。
ヤツメカミキリz1504
体長12~18㎜。女山森林公園。

ラミーカミキリ(トホシカミキリ族)
カラムシ(ラミーと同じイラクサ科)の群落があれば平地でも普通に見つかります。
ラミーカミキリz1503
体長8~17㎜。女山森林公園。

ヨツキボシカミキリ(トホシカミキリ族)
ヨツキボシカミキリh1501
ヌルデの葉裏で見なくなったと思っていたら。
ヨツキボシカミキリh1502
伐採されたヌルデの細い幹を這いまわっていました。
ヨツキボシカミキリh1503
体長8~11㎜。星野村。

ヒメリンゴカミキリ(トホシカミキリ族)
ゾウムシを探していたら目の前に飛んできました。
リンゴカミキリyy1501
体長13~16.5㎜。矢部村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<県境のゾウムシ | メイン | フトカミキリ亜科 ①>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/687-76be400d

| メイン |