FC2ブログ
GW後半 ④
2013/05/08(Wed)
昨日のヒメクロオトシブミに続いて、オトシブミ科の仲間達です。

アシナガオトシブミ♀(アシナガオトシブミ亜科アシナガオトシブミ族)
アシナガオトシブミ♀k02
コナラの葉を巻こうとしています。
以前紹介した八女で見た個体は胸部もオレンジ色でしたが、
この個体の胸部は黒色です。

アシナガオトシブミ♀k01
葉を少し齧って樹種の確認をしています。
画像の下部には巻かれたものが…。
体長4.5~6.5㎜、清水山にて。

ナラルリオトシブミ(アシナガオトシブミ亜科ルリオトシブミ族)
ナラルリオトシブミh01
コナラやクヌギ、クリなどの葉をリボン状に細く切って巻いていきます。
複眼が接するのが特徴らしいですが…。
体長2.5~3.8㎜、星野村にて。


ケシルリオトシブミ(アシナガオトシブミ亜科ルリオトシブミ族)
ケシルリオトシブミa01
こちらはノイバラやキイチゴを巻きます。
オトシブミの最小種で体長2.5~3mm、阿蘇にて。

カシルリオトシブミ♀(アシナガオトシブミ亜科ルリオトシブミ族)
カシルリオトシブミh00
イタドリ、コナラ、クヌギ、フジなど色々な葉を巻きますがイタドリでよく見ます。
胸部の金緑色が特徴です。
体長3~4.5㎜、星野村にて。

ウスモンオトシブミ(オトシブミ亜科オトシブミ族)
ウスモンオトシブミh00
キブシやゴンズイの葉を巻きます。

ウスモンオトシブミh01
阿蘇でも観ましたが葉裏にいることが多いです。
体長5~7㎜、星野村にて。

ヒメコブオトシブミ(オトシブミ亜科オトシブミ族)
ヒメコブオトシブミa01
アカソ、コアカソ、ヤブマオ、イラクサ等の葉を巻きます。
どちらかというと日陰にいることが多いです。
活動を始めたばかりなのかケヤキの小枝にいました。
体長5~6.5㎜、阿蘇にて。

ヒゲナガオトシブミ(オトシブミ亜科クビナガオトシブミ族)
ヒゲナガオトシブミh00
メスはオスを乗っけたままクロモジの葉を巻いていました。
阿蘇の野草園でも初観察できましたが、この画像は星野村です。
体長オス5~8.5㎜、メス5~6.5㎜。

ヒゲナガオトシブミh01
ちなみに葉を巻くのはメスだけです。

撮影機材 カメラ:ニコンD90 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<GW後半 ⑤ | メイン | GW後半 ③>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/68-131f1d30

| メイン |