ゾウムシとカミキリムシ 阿蘇編
2015/07/08(Wed)
7月4日は生憎の天気でしたが意を決して阿蘇へ
雨の中で見つけた虫さん達です。

タテジマカミキリ(フトカミキリ亜科)
初見のカミキリがタラノキの幼木に張り付いていました。
タテジマカミキリa1501
カクレミノに付くことで有名ですが、タラノキも同じウコギ科でした。
タテジマカミキリa1502
体長17~24㎜。

ニセシラホシカミキリ(フトカミキリ亜科トホシカミキリ族)
ニセシラホシカミキリ♀a1501
この日もいました。別名ダイセンカミキリ。
ニセシラホシカミキリ♀a1502
体長8~12㎜。

フタオビミドリトラカミキリ(カミキリ亜科トラカミキリ族)
今期初撮りです。ビジターセンターの壁で雨宿り?
フタオビミドリトラカミキリa1501
体長7.5~15㎜。

ホソアナアキゾウムシ(アナアキゾウムシ亜科)
体にダニがくっ付いていますが、このゾウムシではよく見かける光景です。
ホソアナアキゾウムシa1504
体長5~8㎜。

ツバキシギゾウムシ(ゾウムシ亜科)
ツバキシギゾウムシa1501
大きくなったツバキの実に産卵のために口吻を差し込んで穿孔中でした。今期初撮り。
ツバキシギゾウムシa1502
体長6~9㎜(口吻の方が長い)。

オオシロオビゾウムシ(オサゾウムシ科)
クワの葉上で雨に打たれていました。
シロオビオサゾウムシa1501
体長9~15㎜。

スジクワガタ(クワガタムシ科)
下草の葉上にいました。コクワガタとばかり思っていましたが、
スジクワガタ♀a1501
パソコンで確認すると、上翅のスジは正しくスジクワガタのようです。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ゾウムシ 女山編 | メイン | トンボと蝶>>
コメント
-  -
いや~、いつ見てもツバキシギは羨ましいですねー。
早くしないと!って時期になっちゃってますよね。
活動時期がイマイチ把握できていません。。。

ではでは。。。。。。や
2015/07/09 17:44  | URL | 旅姿 #-[ 編集]
- Re: タイトルなし -
> いや~、いつ見てもツバキシギは羨ましいですねー。
> 早くしないと!って時期になっちゃってますよね。
> 活動時期がイマイチ把握できていません。。。
>
> ではでは。。。。。。や
こんばがtんは、ツバキシギの活動期間は結構長いようです。
5月~9月(10月?)位まで見られますが、最盛期はツバキの
実が大きくなる今頃でしょうかね?
2015/07/09 22:52  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/672-46b0574e

| メイン |