ゾウムシとカミキリムシ ①
2015/07/01(Wed)
大分県との県境、矢部村(現八女市)と中津江村(現日田市)辺りを歩いてみました。
ここには、釈迦ヶ岳と御前岳という1000m級の山があり、山麓も含め周辺にはまだ自然も多く残っています。

ハスジカツオゾウムシ(カツオゾウムシ亜科)
この時期よく見かける普通種です。
ハスジカツオゾウムシyy1501
体長9~14㎜。矢部村。

エグリクチブトゾウムシ(クチブトゾウムシ亜科)
上翅の模様で同定しましたが…?初見です!
エグリクチブトゾウムシyy1501
体長5.3~7.1㎜。矢部村。

ホソキリンゴカミキリ(フトカミキリ亜科トホシカミキリ族)
飛んで来てクヌギの葉に止まったので判定に迷いましたが
リンゴカミキリyy1503
腹部が黒っぽいので特定しました。
リンゴカミキリyy1504
体長12~19㎜。矢部村。

ミヤマケシカミキリ(フトカミキリ亜科モモブトカミキリ族)
ミヤマケシカミキリyy1501
既知のアトモンマルケシカミキリかと思っていましたが、初見のカミキリでした。
ミヤマケシカミキリyy1502
体長3.5~6.2㎜。矢部村。

アトジロサビカミキリ(フトカミキリ亜科サビカミキリ族)
今年はあちこちでよく見かけます。
アトジロサビカミキリyy1503
体長7~11㎜。中津江村。

タテジマハナカミキリ(ハナカミキリ亜科ハナカミキリ族)
タテジマハナカミキリyy1501
既アップのニンフハナによく似ています。
タテジマハナカミキリyy1502
体長9~15㎜。中津江村。

トゲヒゲトラカミキリ(カミキリ亜科トラカミキリ族)
ヤマザクラの伐採枝に産卵していました。
トゲヒゲトラカミキリyy1505
体長8~11.5㎜。中津江村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ゾウムシとカミキリムシ ② | メイン | 久しぶりにオトシブミ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/667-a871cf15

| メイン |