GW後半 ②
2013/05/06(Mon)
今年のGWは珍しく天候に恵まれ、気温の上昇に合わせるように多くの昆虫たちと出会いました。
まずは蝶の仲間です。

オオルリシジミ(シジミチョウ科)
オオルリシジミa01
毎年のGWの阿蘇詣ではこの蝶に会うことも目的の一つです。
もう20年以上にもなるでしょうか?ま、途中行けなかった年も多いのですが…。

オオルリシジミa02
シジミチョウの中でも大きい方で500円硬貨位あります。
長野県の一部と阿蘇くじゅう地域けでしか見られなくなった絶滅危惧種です。
熊本県の特定希少野生動物に指定され保護されていますし、採集は厳禁です。
阿蘇でも5月にしか見られません(初中旬が最盛期)。
マメ科のクララが食草で、開発によりクララ群落が無くなったことが衰退の原因です。
翅表は綺麗な瑠璃色(ブルー)です。

オオルリシジミa03
集団ねぐら?

オオルリシジミa04
キイチゴの花の上で。

サツマシジミ(シジミチョウ科)
サツマシジミg01
阿蘇でも見ましたが、この個体はグリーンピア八女で撮ったものです。
翅表が美しいのですが翅を広げてくれませんでした。
大きさはルリシジミよりちょっと大きくオオルリシジミよりは小さいです。
ガマズミなどを幼虫の食草にします。

クロアゲハ(アゲハチョウ科)
クロアゲハu01
黒い翅に赤い紋が特徴です。
ミカン科のカラタチやミカン類の葉が食草になります。
この時期はツツジの花によく来ます。
浦山公園にて。

アオスジアゲハ(アゲハチョウ科)
アオスジアゲハk01
黒にブルーのコントラストが美しい蝶です。
何故かシロツメクサの群落にたくさん群れていました。
クスノキが食草です。
女山森林公園にて。

コミスジ(タテハチョウ科)
コミスジu01
濃い茶色に白い3本筋があるモンシロチョウ位の大きさの蝶です。
マメ科のクズやフジを食草とします。
浦山公園にて。

ダイミョウセセリ(セセリチョウ科)
ダイミョウセセリ00
小さく忙しなく飛び回り、セセリチョウとしては珍しく翅を開いて止まります。
ヤマノイモを食草とします。
星野村にて。

撮影機材 カメラ:ニコンD90 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<GW後半 ③ | メイン | GW後半 ①>>
コメント
-  -
GWはそちらもええ天気で
いい写真がいっぱいで
じっくり拝見させていただきました。
続きがこれまた楽しみですぅ~~~
2013/05/07 21:49  | URL | S.SHIN #k9MHGdfk[ 編集]
- Re: タイトルなし -
> GWはそちらもええ天気で
> いい写真がいっぱいで
> じっくり拝見させていただきました。
> 続きがこれまた楽しみですぅ~~~
写真たまってま~す!
どんどんアップ予定です。
2013/05/09 23:14  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/66-3f2abb92

| メイン |