オトシブミ追加
2015/06/04(Thu)
遅くなりましたが、先日の阿蘇の成果等です。
初夏のオトシブミやゾウムシ等が見られました。

ハギルリオトシブミ(アシナガオトシブミ亜科ルリオトシブミ族)
ルリオトシブミの仲間では最後に登場します。
ハギルリオトシブミgy1501
既アップのホソキリンゴカミキリを撮影していたらすぐ横にこの方が…
ハギルリオトシブミgy1502
ハギの葉をリボン状に細く切って巻いていきます。
ハギルリオトシブミgy1503
体長2.5~3.8㎜。グリーンピア八女。

ゴマダラオトシブミ(オトシブミ亜科マダラオトシブミ族)
ゴマダラオトシブミat1501
目線の位置のクヌギの葉を巻いていました。
ゴマダラオトシブミat1502
水玉模様がオシャレです。
ゴマダラオトシブミat1503
ちょっとストレッチ?
体長6~8㎜。南阿蘇ビジターセンター。

ヒメゴマダラオトシブミ(オトシブミ亜科マダラオトシブミ族)
ちょっと上の方のエノキの葉を巻いていました。
ヒメゴマダラオトシブミat1501
体長6~7㎜。南阿蘇ビジターセンター。

ウスモンオトシブミ(オトシブミ亜科オトシブミ族)
定番のキブシの葉を巻くカップル。
ウスモンオトシブミat1502
体長5~7㎜。南阿蘇ビジターセンター。

ルイスアシナガオトシブミ(アシナガオトシブミ亜科アシナガオトシブミ族)
マッチョマンがケヤキの葉にまだ残っていました。
ルイスアシナガオトシブミat1503
体長4~6㎜。南阿蘇ビジターセンター。

イタヤハマキチョッキリ?(チョッキリゾウムシ科ハマキチョッキリ族)
ファウストハマキの可能性もあるのですが…
イタヤハマキチョッキリ♀at1501
カエデの葉を巻いたものが数個ぶら下がっていました。
イタヤハマキチョッキリ♀at1500
体長5㎜程でした。南阿蘇ビジターセンター。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<トンボ ② | メイン | トンボ ①>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/648-863f164e

| メイン |