GWのオトシブミ
2015/05/17(Sun)
今日はオトシブミの仲間です。
今日出かけた地元のフィールドでは、ヒメクロオトシブミがまだ揺籃を作っていました。
ヒメクロさんは結構活動期間が長いです。

ウスモンオトシブミ(オトシブミ亜科オトシブミ族)
この種も活動期間は長いですが、揺籃作りは今からが最盛期です。
ウスモンオトシブミat1501
体長5~7㎜。阿蘇。

ヒメコブオトシブミ(オトシブミ亜科オトシブミ族)
ヒメコブオトシブミat1501
こちらもこれからが最盛期です。
ヒメコブオトシブミyy1501
体長5~6.5㎜。阿蘇&矢部村。

エゴツルクビオトシブミ♀(オトシブミ亜科クビナガオトシブミ族)
エゴツルクビオトシブミ♀yy1501
メスの首はオスのように長くありません。
体長5~6.5㎜。矢部村。

ヒゲナガオトシブミ♂(オトシブミ亜科クビナガオトシブミ族)
ヒゲナガオトシブミ♂yy1501
林道沿いの至る所に、アブラチャン、クロモジ、ケクロモジがあり
どの木でも揺籃作りの真っ最中でした。

ヒゲナガオトシブミ♀yy1501
体長オス7~11㎜、メス6~8㎜。矢部村。

ケシルリオトシブミ(アシナガオトシブミ亜科ルリオトシブミ族)
小さい小さい…
ケシルリオトシブミyy1503
体長2.5~3㎜。矢部村。

コブルリオトシブミ(アシナガオトシブミ亜科ルリオトシブミ族)
見かける機会が少ないルリオトシブミです。
コブルリオトシブミyy1501
背中のコブ状の隆起が特徴です。
コブルリオトシブミyy1502
大きい葉を付けるカエデ類で見ることが多いです。
コブルリオトシブミyy1503
体長3~4.5㎜。矢部村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<GWの野鳥たち | メイン | GWのチョッキリ>>
コメント
-  -
コブルリいいですね。
今度撮ってみたいです。
でも、全身黒なので難しそうですね。。。

ではでは。。。。。。や
2015/05/19 01:54  | URL | 旅姿七人衆 #-[ 編集]
- Re: タイトルなし -
> コブルリいいですね。
> 今度撮ってみたいです。
> でも、全身黒なので難しそうですね。。。
>
> ではでは。。。。。。や
出会う機会は少ないし、警戒心強いし小さいし…
おっしゃる通り黒いし…で、ホント撮影には苦労します。
2015/05/19 18:15  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/632-11607a2c

| メイン |