オトシブミぞくぞく…②
2015/04/28(Tue)
オトシブミのつづきです。

ヒメクロオトシブミ(オトシブミ亜科オトシブミ族)
ヒメクロオトシブミat1501
もっとも普通に見られるオトシブミです。
ヒメクロオトシブミh1501
ブナ科やバラ科を中心に様々な葉を巻きます。
ヒメクロオトシブミh1502
体長3.5~5.5㎜。阿蘇、星野村。

ウスモンオトシブミ(オトシブミ亜科オトシブミ族)
ウスモンオトシブミh1501
ベッコウ色?が美しいオトシブミです。
ウスモンオトシブミh1502
キブシやゴンズイの葉を巻きます。
ウスモンオトシブミh1503
画像1はキブシ、2.3はゴンズイ。葉裏にいることが多いです。
体長5~7㎜。星野村。

ヒゲナガオトシブミ♀(オトシブミ亜科クビナガオトシブミ族)
ヒゲナガオトシブミ♀h1501
クロモジやアブラチャンなどクスノキ科やコブシなどの葉を巻きます。
コブシの葉裏で…


ヒゲナガオトシブミ♂h1501
植栽されたブナの葉上にいました。
ヒゲナガオトシブミ♂h1502
首の長さは日本産オトシブミの中で一番!
体長オス7~11㎜、メス6~8㎜。星野村。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、D7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<チョッキリも… | メイン | オトシブミぞくぞく…①>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/617-d2f9563d

| メイン |