南阿蘇へ ①
2015/04/19(Sun)
昨日は久しぶりの阿蘇(南阿蘇ビジターセンター)でした。
恒例のバードウォッチングでは、オオルリ等の夏鳥とまだ残っていた冬鳥が観察できました。
その後は、久しぶりのUさんと虫探しです。カミキリやオトシブミの仲間等がいよいよ活動開始です。午後は風が出てきて撮影は大変でしたが…。

イタヤハマキチョッキリ(オトシブミ科チョッキリゾウムシ亜科)
いつものトウカエデの葉がすでに展開しています。その中に…
イタヤハマキチョッキリat1500
周りの黒い個体は、巻かれた葉に産卵しようと待機するチャッカリ…
ではなくヤドカリチョッキリ達です。
イタヤハマキチョッキリat1501
新葉を食べています。
イタヤハマキチョッキリat1503
メスに乗っかる小さいオス。
イタヤハマキチョッキリat1502
体長4~7㎜。

ベニホシハマキチョッキリ(オトシブミ科チョッキリゾウムシ亜科)
ベニホシハマキチョッキリat1501
ケヤキの新葉で発見。
ベニホシハマキチョッキリat1502
他にヤマザクラの葉を巻くものも…
ベニホシハマキチョッキリat1503
葉を萎れさせるために小枝を齧っているところです。
体長5~7㎜。

シロオビナカボソタマムシ(タマムシ科)
シロオビナカボソタマムシat1501
キイチゴの葉上にはお馴染みのタマムシが…
体長5~9㎜。

ミヤマベニコメツキ(コメツキムシ科)
ミヤマベニコメツキat1501
毒を持つベニボタルに擬態していると言われています。
体長8~10㎜。

トラフコメツキ(コメツキムシ科)
ビジターセンターの外壁には色んな虫がとまっていたりします。
トラフコメツキat1501
これもその一つです。
体長10㎜前後。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ: DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<南阿蘇へ ② | メイン | ゾウムシなど 矢部村>>
コメント
-  -
こんばんは
虫ってこんなに撮れる物ですか?
チョウにしてもトンボにしても撮りたいなと思うことはあるんですが
偶然が多くてなかなか近寄ったりはできません。鳥と同じで待って撮る物ですか??

オオルリもあちこち来てるみたいですね、会われたのですね。
僕も早く会いたいです
2015/04/20 22:39  | URL | brubru #22s72cIM[ 編集]
- Re: タイトルなし -
> こんばんは
> 虫ってこんなに撮れる物ですか?
> チョウにしてもトンボにしても撮りたいなと思うことはあるんですが
> 偶然が多くてなかなか近寄ったりはできません。鳥と同じで待って撮る物ですか??
>
> オオルリもあちこち来てるみたいですね、会われたのですね。
> 僕も早く会いたいです
コメントありがとうございます。
トンボやチョウは待って撮ることも多いですが、
甲虫類は居そうな場所を探します(ルッキング)。
その為には、生態を知っておくことも必要ですが…
最近は視力が衰え探虫も中々大変です。

オオルリはオスの画像が失敗だったのでリベンジしたいです。
2015/04/20 23:22  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/611-79b17da9

| メイン |