FC2ブログ
由布院 ①
2013/04/29(Mon)
毎年、GW中に1度は由布院方面へ向かいます。
映画祭に美術館や温泉宿など、今や有名観光地です。
知る人ぞ知る由布岳という名山がそびえ、阿蘇くじゅう国立公園の一角になります。
周辺は自然豊かで、多くの野草や野鳥、昆虫などが見られます。
私の場合は観光もですが、生き物観察がメインです。

由布岳
由布岳
二つの峰からなる山です。
が、今回は眺めるだけです。

新緑
新緑
どこもかしこも雑木林の新緑が綺麗です。
ここにも多くの生き物たちが…。

サクラソウ(サクラソウ科)
サクラソウ02
阿蘇・くじゅう地域にはあちこちに自生地が点在します。
しかし、可憐な花の宿命で、盗掘が後を絶たず絶滅の危機に瀕しています。
国立公園では生物の採取は法で禁止されているにも関わらずです。
「手に取るなやはり野に置け蓮華草」ではありませんが、野の花は自生地に足を運んでそっと観るのが一番です!

サクラソウ01
20㎝前後になる花茎の先端の周りに2~3㎝程の花を複数付けます。

サクラソウ03

サクラソウ00
「我が国は草も桜を咲きにけり」(小林一茶)

エヒメアヤメ(アヤメ科)
エヒメアヤメ00
草丈10~15㎝、花径4cm程で、自生地は西日本に点在します。
国指定天然記念物で、日本が大陸と陸続きだったころに渡ってきたといわれています。
これも絶滅の危機に瀕しています。

エヒメアヤメ01
上から見るとアヤメやハナショウブに似ています。

エヒメアヤメ02
白い花を見つけました。

キスミレ(スミレ科)
キスミレ
阿蘇・くじゅう国立公園の春を代表するスミレです。
野焼き後の草原で大群生を見たこともあります。

バイカイカリソウ(メギ科)
バイカイカリソウ
草丈10~15㎝、花径は1cmもありません。
インヨウカクと言って、生薬に利用されるので昔はよく採集されていたようです。

つづく…

撮影機材 カメラ:ニコンD90 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 野草 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<大授搦 再々訪 ② | メイン | 大授搦 再々訪 ①>>
コメント
-  -
新緑の季節はいろんな緑が見れて大好きです!
珍しい花たちが見れてええなぁ~~~
次回がまたまた楽しみですぅ~
2013/04/30 20:22  | URL | S.SHIN #k9MHGdfk[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/60-0ebd1701

| メイン |