スプリングエフェメラル 昆虫
2015/04/02(Thu)
昆虫の中にも成虫が春にしか現れない種がいます。
先日のグリーンピアでは、その中の蝶コツバメを探したのですが…
残念ながら昨年見たアセビの花には来ませんでした。

ビロウドツリアブ(ツリアブ科)
ビロードツリアブgy1501
代わりにアセビにやってきたのがこちらでした。
ビロウドツリアブgy1502
こちらもスプリングエフェメラルと言っても良い種です。
体長8~12㎜。グリーンピア八女。

ミヤマセセリ(セセリチョウ科)
ミヤマセセリgy1501
これもスプリングエフェメラルの仲間です。
ミヤマセセリgy1502
残念ながら花ではなく、濡れた地面で吸水していました。
ミヤマセセリgy1503
前翅長14~22㎜。グリーンピア八女。

アカタテハ(タテハチョウ科)
アカタテハgy1501
こちらは成虫で越冬します。
越冬の厳しさからか少し翅が痛んでいます。
前翅長30~35㎜。グリーンピア八女。

ウラギンシジミ♀(シジミチョウ科)
ウラギンシジミ♀sj1501
こちらも成虫越冬です。
ウラギンシジミ♀sj1502
オスは翅表の模様がオレンジ色です。
前翅長19~27㎜。石人山古墳公園。

撮影機材 カメラ:ニコン1V3、レンズ: 1 NIKKOR VR 70-300 f/4.5-5.6
           ニコンD7000、レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<留鳥たち ① | メイン | スミレ色々>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/597-84c61d40

| メイン |