グリーンピア八女 その3 ゾウムシ
2013/04/26(Fri)
またまた甲虫の仲間です。
甲虫の仲間は昆虫の中でも最も種類が多く興味が尽きません。

ホホジロアシナガゾウムシ(ゾウムシ科アシナガゾウムシ亜科)
ホホジロアシナガゾウムシ
体長8mm前後で、赤茶色の体に白い頬?が特徴です。
アカメガシワやヌルデの若枝を切って(齧って)産卵しますので、折れたり萎れたりしている枝葉を見かけたら近くにいる可能性大です。
アシナガゾウムシの仲間は、名前の如く長い前脚と中脚で枝にしっかりしがみ付いていますが、身の危険を感じるとポトリと落ちてしまいます。

キュウシュウヒゲボソゾウムシ?(ゾウムシ科クチブトゾウムシ亜科)
キュウシュウヒゲボソゾウムシ
体長8.5mm程のゾウムシの仲間ですが、似たような種が多く自信ありません。
カエデやイタドリなど色々な葉の上で見つかります。

コアオハナムグリ(コガネムシ科ハナムグリ亜科)
コアオハナムグリ
体長1~1.4㎝程のハナムグリの仲間。
色々な花(特に白い花)を訪れて花粉を食べます。
白い花はコバノガマズミ(スイカズラ科)です。

クロハナムグリ(コガネムシ科ハナムグリ亜科)
クロハナムグリ
前種と同じような環境で見つかり大きさも同じくらいですが、こちらの方が見かける機会は少ないようです。

キバネホソコメツキ(コメツキムシ科)
キバネホソコメツキ
名前は合っていると思うのですが…。
オスの触角はメスの倍位あるそうです。

コメツキムシの仲間(コメツキムシ科)
チャイロコメツキ?
コメツキムシも似たようなものが多く、種名の見極めが難しいです。

ヒメアカハネムシ(アカハネムシ科)
ヒメアカハネムシ
体長6~10mmで、有毒のベニボタルに擬態していると言われています。
アカハネムシに比べると体の後部幅が広くありません。

ハラアカコブカミキリ(カミキリムシ科)
ハラアカコブカミキリ
別名ベニフカミキリといい、元々は対馬だけにいたらしいのですが、シイタケ栽培用の原木(クヌギ等)と一緒に移入されたようで今は普通に見られます。
体長1.6~2.7㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD90 レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED

いよいよ今度の日曜日です!!
マウンテンゴリラLiveのお知らせ!
4月28日(日)12:00~14:00
福岡県筑紫野市竜岩自然の家
詳細は竜岩自然の家HPをご覧ください。
この記事のURL | 甲虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<GW突入! | メイン | グリーンピア八女 その2 チョウ?>>
コメント
-  -
いや~どんどん出てきますねぇ~
解説付きで虫好きとしては興味津々です。
ホホジロアシナガゾウムシの抱きついているのが
なんとも愛らしいですね。
2013/04/27 00:22  | URL | S.SHIN #k9MHGdfk[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/56-c1e662d2

| メイン |