越冬昆虫 ①
2014/11/26(Wed)
先日の南阿蘇ビジターセンター(野草園)で見つけた昆虫たちです。
ケヤキの樹皮をそっと捲ってみました。気温が上がり動き出すものもいました。

ヒレルクチブトゾウムシ(ゾウムシ科)
ヒレルクチブトゾウムシa1401
結構多くの個体を見つけました。
体長4.5㎜前後。

ノミゾウムシの仲間その1(ゾウムシ科)
ノミゾウムシの仲間a1401
前種の傍にいましたがさらに小さいです。

ノミゾウムシの仲間その2(ゾウムシ科)
ノミゾウムシの仲間a1402
前種とは体色や脚の色が違うので別種だと思われます。

ヤノナミガタチビタマムシ(タマムシ科)
ヤノナミガタチビタマムシa1401
とにかく小さいです。
体長2.6~4.2㎜。

イノコヅチカメノコハムシ(ハムシ科)
イノコヅチカメノコハムシa1401
樹皮の間で越冬していました。
イノコヅチカメノコハムシa1402
体長5~5.5㎜。

キイロクビナガハムシ(ハムシ科)
キイロクビナガハムシa1401
露に濡れています。
体長6.2~8㎜。

クロウリハムシ(ハムシ科)とヒメカメノコテントウ(テントウムシ科)
クロウリハムシa1401
2匹仲良く並んでいました。
クロウリハムシの体長5.8~6.7㎜。
ヒメカメノコテントウの体長3~4.6㎜。

ブチヒゲケブカハムシ(ハムシ科)
ブチヒゲケブカハムシa1401
こちらは卵で越冬するらしいのですが…
体長7.8~8.2㎜。

ハラアカコブカミキリ(カミキリムシ科)
ハラアカコブカミキリa1401
もう残っているカミキリはこの種位しかないようです。
体長15~30㎜。

カメラは最近ゲットしたオリンパスのTG-3を使っています。
顕微鏡モードという機能があり深度合成までやってくれるので
小さい昆虫撮影には中々良いです。
この記事のURL | 甲虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<越冬昆虫 ② | メイン | 大授搦 2014年晩秋 ダイシャクシギ>>
コメント
-  -
待ってましたよ、昆虫編を。
樹皮をめくっての甲虫探し、
おもしろそうですね。
明日 さっそくやってみます。

ではでは。。。。。。や
2014/11/26 22:50  | URL | 旅姿七人衆 #-[ 編集]
- Re: タイトルなし -
> 待ってましたよ、昆虫編を。
> 樹皮をめくっての甲虫探し、
> おもしろそうですね。
> 明日 さっそくやってみます。
>
> ではでは。。。。。。や
しかし、寒くなると昆虫も見つけにくくなりますね。
樹皮めくりはケヤキが狙い目ですよ。
2014/11/27 22:48  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/518-971b18a8

| メイン |