大授搦 2014年晩秋 オオハシシギとオバシギ
2014/11/21(Fri)
やはりシギの仲間は圧倒的に多いです。

3種のシギ
3シギdg1401
中央左からオオハシシギ、ハマシギ、オバシギです。

オオハシシギ(シギ科)
オオハシシギdg1401
嘴の長いシギも色々で同定には苦労します。
オオハシシギdg1402
周りはハマシギの群
オオハシシギdg1403
脚や嘴の色、羽の色模様(夏羽と冬羽ではまた違います)大きさなどで見分けますが…
オオハシシギdg1404
嘴にピンク色の部分が無いのがポイントのようですが…
オオハシシギdg1405
体長29㎝。

オバシギ(シギ科)
オバシギdg1401
こちらはそれほど嘴は長くありません。
オバシギdg1402
胸の斑模様が特徴です。
体長28㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、ニコン1V3
レンズ:タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD 
    ニコン1ニッコール30-110
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<大授搦 2014年晩秋 オオソリハシシギとオグロシギ | メイン | 大授搦 2014年晩秋 ダイゼンとトウネン>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/514-7f4f2c3f

| メイン |