クワガタムシ科 ①
2014/07/31(Thu)
子どもの頃の夏休みは、毎日のようにカブトムシやクワガタ採集に明け暮れていました。
オオクワガタも毎年捕まえていたのですが…。あんなにあちこちにあったクヌギ林も減少しカブ・クワを見る機会も減ってしまいました。でも、見つけるとついワクワクしてしまいます。

コクワガタ
カミキリを期待して木(タブノキ?)を蹴ったら落ちてきたペアです。
コクワガタ♂z1401

コクワガタ♂z1402
コクワにしてはけっこう大きく4㎝以上ありました。

コクワガタ♀z1401
メスは可愛いものです。
体長♂16.5~45㎜。♀20~28㎜。女山森林公園。

ノコギリクワガタ
こちらは別のタブノキの枝にいたところを落ちてもらいました。

ノコギリクワガタ♂z1401
掴もうとすると威嚇してきます。
ノコギリクワガタ♂z1402
中歯型で迫力は今ひとつです。

ノコギリクワガタ♀z1401
じっとしています。
ノコギリクワガタ♀z1402
体長♂36~71㎜、♀24~30㎜。女山森林公園。

ミヤマクワガタ♂
ミヤマクワガタ♂n1401
こちらでは高地に行かないと見られないので、
子供の頃はオオクワ以上に憧れのクワガタでした。
ミヤマクワガタ♂n1402
道端のクヌギを蹴ったら落ちてきました。
体長♂43~72㎜、♀32~39㎜。大分県中津江村(県境)。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<チョウの仲間 ⑪ | メイン | 子どもキャンパス2014 ② クマゼミの羽化>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/08/01 21:27  | | #[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/427-160689a0

| メイン |