オトシブミ ⑫
2014/07/05(Sat)
今日は雨の合間を縫って、久しぶりに矢部村まで行ってきました。
さほどの収穫はなかったのですが、ゾウムシやカミキリにはどうにか再会できました。

ゴマダラオトシブミ(オトシブミ亜科マダラオトシブミ族)
ゴマダラオトシブミz1403
葉を巻いている個体は見つかりませんでしたが…
ゴマダラオトシブミz1404
単独でいる個体を数匹見つけました(画像はすべて別個体です)。
ゴマダラオトシブミz1405
ここではクリの葉にいます。
体長6~8㎜。女山(「ぞやま」と読みます)森林公園。

ヒメゴマダラオトシブミ(オトシブミ亜科マダラオトシブミ族)
ヒメゴマダラオトシブミa1401
今年はもう会えないのかなと思っていましたが…
ヒメゴマダラオトシブミa1402
エノキの葉を巻きます(葉に切り込みをいれているところ)
ヒメゴマダラオトシブミa1403
背中の大きなコブが特徴です。
ヒメゴマダラオトシブミ揺籃a1401
揺籃の捲き方は前種と似ています。
体長6~6.5㎜。阿蘇。


オトシブミ♂(オトシブミ亜科オトシブミ族)
オトシブミ♂y1401
下草の上で今日見つけました。頭上には大きなクリの木が…
オトシブミ♂y1402
前日の雨で落ちたのか、それとも下草に移動して雨を凌いでいたのでしょうか?

オトシブミ♀y1400
同じく下草の上にいました。
オトシブミ♀y1401
体長オス8~10㎜、メス7~9㎜。矢部村。

もうすでに見なくなった種もいますが、夏~初秋まで見られる種もいます。
九州で見られるという種の中で、未見のアカクビナガオトシブミとビロードアシナガオトシブミには今年も縁が無いようです。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ゾウムシ ⑭ | メイン | ハムシ科 ③>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/406-32c8eb34

| メイン |