チョウの仲間 ⑨
2014/07/02(Wed)
今日はタテハチョウ科の中のヒョウモンチョウ族の仲間です。
どの種も幼虫はスミレ類を食べます。
先日の阿蘇での撮影です。

メスグロヒョウモン♀
メスグロヒョウモン♀a1401
オスの翅は他のヒョウモンチョウ同様いわゆる豹紋ですが
メスは黒っぽい翅でイチモンジチョウの仲間のようにも見えます。
メスグロヒョウモン♀a1402
雑木林の林縁でよく見られます。
メスグロヒョウモン♀a1403
前翅長30~40㎜。

オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンスジヒョウモンa1401
こちらも、林縁でよく見られます。
オオウラギンスジヒョウモンa1402
オオが付かないウラギンスジヒョウモンという種もいます。
前翅長34~43㎜。

ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモンa1401
翅が若干緑がかっています。
ミドリヒョウモンa1402
分布域は結構広い種です。
ミドリヒョウモンa1403
メスの翅先には小さな白い紋があります。
ミドリヒョウモンa1404
前翅長31~40㎜。

ウラギンヒョウモン
ウラギンヒョウモンa1401
林縁でも見られますが草地でよく見かけます。
ウラギンヒョウモンa1402
右が♂
ウラギンヒョウモンa1403
良く似たオオウラギンヒョウモンは絶滅危惧種です。
前翅長27~36㎜。

メスグロヒョウモンのメス以外はどれも良く似ています。
翅裏の模様で見分けますが慣れないと中々難しいです。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハムシ科 ③ | メイン | チョウの仲間 ⑧>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/404-1140f4ca

| メイン |