女山
2013/02/05(Tue)
2月2日、福岡県みやま市の女山(ぞやま)森林公園。
今季は冬鳥が多いようです。アトリ、ウソ、シメ、シロハラ、ルリビタキ、キクイタダキの他に、留鳥のメジロ、ヒヨドリ、シジュウカラ、コゲラなどが観察できました。さらに何とイノシシまで。

アトリ(アトリ科)
アトリ
スズメより少し小さい冬鳥。大群をなすことも。

ウソ♂(アトリ科)
ウソ♂
ウソ♀
ウソ♀
スズメより少し小さい冬鳥。オスの頬のピンクが美しい。今年は数が多くあちこちで観察されているようです。

ルリビタキ♂(ツグミ科)
ルリビタキ♂
ルリビタキ♀
ルリビタキ♀
幸せの青い鳥、初めて見た時は感動しました。メジロより少し大きい漂鳥で九州では冬期に見られます。

イノシシ(イノシシ科)
イノシシ
以前もここで見かけたことはあったのですが…それも日中。人慣れしているのか私が側を通っても逃げる気配もありませんでした。まだ成獣ではないようです。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000 レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<地元を散歩 | メイン | 矢部川中流域1>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/4-5e823005

| メイン |