ハムシ科 ①
2014/06/18(Wed)
ハムシは漢字で葉虫と表し、その名の如く成虫も幼虫も植物の葉を食べます。
カブトムシやクワガタと同じ甲虫目に属します。
それが栽培植物の場合は害虫となってしまうのです。
ハムシの面白さは、その色や形、大きさの多様性にあるのではないかと思います。
ミリ単位の微小種が多くを占めますが、見つけると思わずシャッターを押してしまいます。

今日は、およそ甲虫らしく見えない葉虫たちをアップします。

タケトゲハムシ(トゲハムシ亜科)
タケトゲハムシk1401
竹類の葉を食べるハムシで体全体トゲだらけで、一見毛虫にも見えます。
触角と脚はオレンジ色(褐色)です。
体長5~6㎜。清水山。

クロルリトゲハムシ(トゲハムシ亜科)
クロルリトゲハムシy1401
こちらはススキの葉を食べる、全身が黒っぽいハムシです。
クロルリトゲハムシy1402
良く似たクロトゲハムシというのもいます。
体長4.2~4.5㎜。矢部村。

カタビロトゲハムシ(トゲハムシ亜科)
カタビロトゲハムシks1401
クヌギやコナラ、カシワなどブナ科の葉を食べます。
体長5㎜前後。佐賀県。

キベリトゲハムシ(トゲハムシ亜科)
キベリトゲハムシy1401
フキやアザミなどのキク科植物の葉を食べます。
体長4.5㎜前後。矢部村。

ムシクソハムシ(コブハムシ亜科)
ムシクソハムシh1401
名前の如く虫の糞そっくりのハムシで、コナラやクヌギの葉を食べます。
体長3㎜。星野村。

ツツジコブハムシ(コブハムシ亜科)
ツツジコブハムシk1401
前種にそっくりですが、こちらはつつじ類の葉に付きます。
前種も含め、この仲間の幼虫はヤドカリのように体に自分の糞の家?を担いでいます。
体長3㎜。清水山。

ヨツモンカメノコハムシ(カメノコハムシ亜科)
ヨツモンカメノコハムシsj1401
カメノコハムシの仲間は名前の如く亀の甲のような前翅が特徴です。
ヨツモンカメノコハムシsj1402
ヒルガオやサツマイモの葉を食べます。
体長10㎜。石人山古墳公園。

イチモンジカメノコハムシ(カメノコハムシ亜科)
イチモンジカメノコハムシu1401
ムラサキシキブ等の葉を食べます。
体長8~9㎜。うきは市。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハムシ科 ② | メイン | カミキリムシ科 ⑧>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/391-6bcc24e1

| メイン |