カミキリムシ科 ⑧
2014/06/17(Tue)
大型カミキリの仲間も出はじめました。

ゴマダラカミキリ(フトカミキリ亜科ヒゲナガカミキリ族)
ゴマダラカミキリc1401
平地でもっとも普通に見られる大型カミキリです。
ゴマダラカミキリc1402
子どもの頃クワガタ採集が始まる前がこのカミキリ採集でした。
小学校のプラタナスの樹に登り枝を揺すったらたくさん落ちてきました。
さすがに今はそこまで個体数は多くありません。
ミカンやイチジク等の生木を食べる果樹害虫になります。
体長25~35㎜。筑後広域公園(ヤナギ)。

セミスジコブヒゲカミキリ♀(フトカミキリ亜科コブヒゲカミキリ族)
セミスジコブヒゲカミキリ♀gy1401
長い触角とオスの触角の第1・3節(メスは第1節)が
棍棒状に膨らんでいるのが名前の由来です。
セミスジコブヒゲカミキリ♀gy1402
立ち枯れや伐採木に集まります。
セミスジコブヒゲカミキリ♀gy1403
枯木に発生するピンク色の菌を食べるようです。
体長触角を除く体長10~20㎜。グリーンピア八女。

ミヤマクロハナカミキリ(ハナカミキリ亜科ハナカミキリ族)
ミヤマクロハナカミキリh1401
コガクウツギやノリウツギなどの白い花に集まって来ますが、そう多くはないようです。
体長9~14㎜。星野村。

ヨツキボシカミキリ(フトカミキリ亜科トホシカミキリ族)
ヨツキボシカミキリa1401
ゼフィルス発生地のヌルデの葉裏にいました。
体長8~11㎜。阿蘇。

チャイロホソヒラタカミキリ(カミキリ亜科スギカミキリ族)
チャイロヒラタカミキリa1403
以前アップした個体と同じ個体かも知れません。
チャイロヒラタカミキリa1404
積んである広葉樹のマキの上にいました。
体長8~16㎜。阿蘇。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハムシ科 ① | メイン | カミキリムシ科 ⑦>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/390-cc2e2395

| メイン |