チョウの仲間 ⑥
2014/06/14(Sat)
今日は午後からイベントのため、午前の更新です。

そして、再びシジミチョウです。

ウラギンシジミ(ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミz1401
翅表はオスは赤、メスは青白色です。
幼虫はクズやフジなどマメ科の花や蕾を食べます。
前翅長19~27㎜。女山森林公園。

以下は、先週阿蘇で見たシジミチョウです。

トラフシジミ(ミドリシジミ亜科トラフシジミ族)
トラフシジミa1401
春翅の個体だと思うのですが白い部分が何となく煤けています。
幼虫の食草は、クズやフジ、ウツギの花や蕾です。前翅長16~21㎜。

アカシジミ(ミドリシジミ亜科ミドリシジミ族)
アカシジミa1401
現れた個体は1頭、中々近くに来てくれず…かなりトリミングしています。
幼虫の食草はクヌギやコナラ、カシワなど。前翅長16~22㎜。

ミズイロオナガシジミ(ミドリシジミ亜科ミドリシジミ族)
ミズイロオナガシジミa1401
今年は間近で観ることができました。ゼフィルスの仲間です。
ミズイロオナガシジミa1402
幼虫の食草はクヌギやコナラ、カシワなど。
ミズイロオナガシジミa1403
前翅長11~18㎜。

カラスシジミ(ミドリシジミ亜科カラスシジミ族)
カラスシジミa1401
たぶん初見のシジミチョウです。翅表は黒っぽい色です。
カラスシジミa1402
幼虫の食草はハルニレ、オヒョウ等のニレ科及びスモモ等バラ科ですが、撮影した場所にはいずれもありませんが、サクラやハンノキも食べるようです。
前翅長16㎜前後。

ミヤマカラスシジミ(ミドリシジミ亜科カラスシジミ族)
ミヤマカラスシジミy0001
阿蘇で見たわけではありません。10年以上前、大分県の由布岳山麓で撮ったものを、前種と比較対照のためアップします。翅裏の模様が微妙に違っています。コンデジで撮影。
幼虫の食草はクロウメモドキやクロツバラなど。前翅長15㎜前後。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、
レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED、
タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | 蝶・蛾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<偲ぶ会 | メイン | チョウの仲間 ⑤>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/385-514dbbc4

| メイン |