オトシブミ科 ⑩
2014/06/12(Thu)
きょうはチョッキリ亜科の仲間です。

ファウストハマキチョッキリ(ハマキチョッキリ族)
ファウストハマキチョッキリa1401
イタヤハマキチョッキリに似ていますが一回り小さく光沢があります。
ファウストハマキチョッキリa1402
カエデやコナラなどの葉を巻きます。
体長3~5㎜。阿蘇。

ブドウハマキチョッキリ(ハマキチョッキリ族)
ブドウハマキチョッキリy1401
ヤマブドウやエビヅルなどの葉を巻きます。
体長4.5~5㎜。矢部村。

ヌルデケシツブチョッキリ(ケシツブチョッキリ族)
ヌルデケシツブチョッキリgy1401
ヌルデの葉裏にいました。
ヌルデケシツブチョッキリgy1402
新芽や幼葉に産卵し切り落とします。
ヌルデケシツブチョッキリgy1403
体長1.8~2.6㎜。グリーンピア八女。

チビイクビチョッキリ(イクビチョッキリ族)
チビイクビチョッキリa1401
とにかく小さくて最初はチョッキリとは分かりませんでした。
チビイクビチョッキリa1402
ヤマハギやニセアカシアなどマメ科の葉に産卵します。
体長1.9~3.3㎜。阿蘇。

ミヤマイクビチョッキリ(イクビチョッキリ族)
ミヤマイクビチョッキリa1401
コナラやクヌギ、カシ類の葉を巻きます。
3.5~4.5㎜。阿蘇。

チャイロチョッキリ(チョッキリ族)
チャイロチョッキリz1403
この時期、クリの葉にたくさんいます。葉に穿孔して産卵するようです。
5.5~6.8㎜。女山森林公園。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<チョウの仲間 ⑤ | メイン | タマムシ科 ③>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/383-1ace92d8

| メイン |