タマムシ科 ②
2014/06/10(Tue)
ナガタマムシの仲間をあちらこちらで見かけるようになりました。
そして、今年もアオマダラタマムシのシーズンを迎えました。

ヒシモンナガタマムシ(ナガタマムシ亜科)
ヒシモンナガタマムシa1401
似たような種が多いナガタマムシですが、
ヒシモンナガタマムシa1402
上翅の模様が特徴的(菱紋)なので、間違えることはありません。
ヒシモンナガタマムシk1401
広葉樹の枯れ木に集まって来ます。
体長5~8㎜。阿蘇(ケヤキ)&清水山(アラカシ)。

アオマダラタマムシ(タマムシ亜科)
毎年多産する立ち枯れ(ソヨゴ?)があり今年も行ってみました。
残念ながらその立ち枯れは腐朽が進み幹が折れていました。
しかし、すぐ横の立ち枯れに無事見つけました。
まず目に飛び込んだのはこれです。
アオマダラタマムシgy1400
何と4連結…!!多分メスは一番下の個体だけだと思うのですが…
アオマダラタマムシgy1401
カメラのフラッシュに驚いたのか1匹が移動しました。
アオマダラタマムシgy1403
オットットット…
アオマダラタマムシgy1404
反転して下向きに…
アオマダラタマムシgy1402
何度見ても美しい色模様です。
アオマダラタマムシgy1405
手乗りタマムシ…
アオマダラタマムシgy1406
アップで
体長16~29㎜。グリーンピア八女。

撮影機材 カメラ:ニコンD7100、DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タマムシ科 ③ | メイン | ゾウムシ ⑧>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/381-59e042a2

| メイン |