大授搦 2014年春の渡り ⑪
2014/05/30(Fri)
このシリーズの最後です。

オナガガモ(カモ科)
オナガガモdg1401
ここでは多くが越冬しています。
オスの尾羽が長いのが特徴です。
全長♂75㎝、♀53㎝。

ツクシガモ(カモ科)
ツクシガモdg1401
ここを代表する大型のカモで大群が越冬しています。
ツクシガモdg1402
全長63㎝。

ズグロカモメ?(カモメ科)
ズグロカモメdg1401
ユリカモメの可能性もありますが…?
両種とも夏羽では頭部が黒い頭巾を被ったようになります。
全長はズグロであれば32㎝、ユリならば40㎝。

セグロカモメ(カモメ科)
セグロカモメdg1401
普通に見られる大型のカモメです。
全長61㎝。

シギやチドリの群
色々dg1401
沢山いたシギやチドリもすでに渡ってしまったことでしょう。
色々dg1402
夏の干潟はムツゴロウたちの恋の季節となります。

コアジサシ(カモメ科)
コアジサシdg1401
替わって夏鳥のコアジサシなどが渡って来ます。
コアジサシdg1402

コアジサシdg1403
全長28㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、D7100、
レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン、SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
トキナーAT-X80-400mmズーム
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ゾウムシ ⑥ | メイン | チョウの仲間 ②>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/369-6e3ebde6

| メイン |