トンボ ①
2014/05/26(Mon)
いよいよ本格的なトンボシーズン到来です。
先週土曜日は、佐賀までトンボを観に行ってきました。
目当てはアオハダトンボとハッチョウトンボです。

アサヒナカワトンボ♂(カワトンボ科)
アサヒナカワトンボ♂y1401
カワトンボの中で最も早く成虫が活動を始めるトンボです。
アサヒナカワトンボs1401
成熟したオスでは体が白い粉を吹きたように見え、翅の先の偽縁紋が褐色になります。
アサヒナカワトンボ♂y1402
オスの翅色は透明から褐色まで個体差があります。


アサヒナカワトンボy1401
メスには白い偽縁紋があります。
カワトンボの分類は難しく、現在はアサヒナカワトンボとニホンカワトンボに分けられています。体長42~57㎜。矢部村と佐賀県にて撮影。

ミヤマカワトンボ♀(カワトンボ科)
ミヤマカワトンボ♀s1401
翅が茶色の大型のカワトンボで、渓流などで多く見られます。
オスの体は金緑色に輝きます。これから夏場が最盛期です。
体長64~78㎜。佐賀県にて。

アオハダトンボ♂(カワトンボ科)
アオハダトンボ♂s1401
局所的に生息します。
アオハダトンボ♂s1402
ハグロトンボにも似ていますが、
アオハダトンボ♂s1403
オスの体色はより金属光沢があり翅も藍緑や紫に輝きます。


アオハダトンボ♀s1401
メスも金緑色で淡い褐色の翅に白い偽縁紋があります。

ペア
アオハダトンボs1401
体長55~62㎜。佐賀県にて。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、D7100、1V3
レンズ:DX AF‐Sマイクロニッコール85㎜ED、DX AF-Sニッコール18-135mm
タムロンSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
この記事のURL | トンボ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<トンボ ② | メイン | マウンテンゴリラ5月合宿>>
コメント
-  -
こんにちは!
もう、ラミーカミキリ見せびらかさないで下さいよー(笑)
ラミーとキンケトラは見たいんですよねー。
でも今日、キンケではなくキイロトラがめでたく初見となりました。
それよりアオハダの写真いいですね~。
オスの翅を開いている時の写真が何とも言えず。。。
トンボを撮るときは水の流れや動きを一緒に撮ると
雰囲気がグッと上がるんですね。

ではでは。。。。。。や

2014/05/26 23:11  | URL | 旅姿七人衆 #-[ 編集]
- Re: タイトルなし -
> こんにちは!
> もう、ラミーカミキリ見せびらかさないで下さいよー(笑)
> ラミーとキンケトラは見たいんですよねー。
> でも今日、キンケではなくキイロトラがめでたく初見となりました。
> それよりアオハダの写真いいですね~。
> オスの翅を開いている時の写真が何とも言えず。。。
> トンボを撮るときは水の流れや動きを一緒に撮ると
> 雰囲気がグッと上がるんですね。
こちらではラミーカミキリは超普通種ですよ!
キイロトラは昨年はあちこちで見かけました。キンケトラは私も未見です。
アオハダの生息地は偶然に見つけたのですが、毎年感動しています。
> ではでは。。。。。。や
2014/05/27 18:03  | URL | ウォッシュボードマン #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/365-6e09ce4d

| メイン |