大授搦 2014年春の渡り ⑧
2014/05/22(Thu)
ダイシャクシギ(シギ科)
ダイシャクシギdg1401
ここでは毎年多くが越冬している大型のシギです。
ダイシャクシギdg1402
チュウシャクシギよりも下方へ長く大きく湾曲した嘴が特徴です。
ダイシャクシギdg1403
飛んだ時に背中から腰部が白いのが特徴です。ホーイーンと鳴きます。
ダイシャクシギdg1404

ダイシャクシギdg1405
全長60㎝

ホウロクシギ(シギ科)
ホウロクシギdg1401

ホウロクシギdg1402
ダイシャクシギによく似ていますが、背中も腰も白くありません。
ホウロクシギdg1403
渡りの時に多く見られます。
ホウロクシギdg1404
ダイシャクシギによく似た声で鳴きます。
ホウロクシギdg1405
全長62㎝。

撮影機材 カメラ:ニコンD7000、D7100、
レンズ:タムロンSP400mm×1.4テレコン、SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
トキナーAT-X80-400mmズーム
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<大授搦 2014年春の渡り ⑩ | メイン | 大授搦 2014年春の渡り ⑦>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tenohia.blog.fc2.com/tb.php/362-82ee600e

| メイン |